カテゴリー「乗馬」の520件の記事

2018年9月17日 (月)

乗馬709鞍

[先生] は休みで自主トレです。

まぁ、あんなモンでしょう。大した事はしなかったケド、怒られるような乗り方は昨日の今日でやってないと思います。
左の反対も、いつの間にか出なくなったなぁ。

ちょっと身体が重そうだったので、そんなに追い込みませんでした。
休憩いっぱい入れて、いっぱい誉めて、25分。

良い3連休でした。

2018年9月16日 (日)

乗馬708鞍

久しぶりの休日を満喫しております。
ホントはこの隙に仕事しなきゃなんだけど。

今日は他の方に[先生] は付きっ切りでした。 しめしめ。

昨日のおさらいが一人でできるか適当に乗っていたら、そこは悪くありませんでしたが、
「ジョーの目つきがキツいぞ。オマエ追い込みすぎ。」 と途中でチェキされました。

「扶助や乗り方は悪くない。馬を逃がしてはいない。」
「でも、馬のメンタルも気にしろ。かなりガマンしてるぞ。そこにも気付け。」

そんなに追い込んでたつもりも無いし、普段はもう少し続けていたと思うのですが、[一切逃がさない]って状況が作れるとまた違うのかな。
もっとも、自分の主観じゃなく馬にその日の気分を聞かないとダメっていうのは良く分かります。 本日の反省点です。

2018年9月15日 (土)

乗馬707鞍

久し振りの[先生]レッスンです。
微妙な天気予報でしたが賭けに勝ちました。4時起きで負けると辛いもの。

先に乗ってくれて、踏変も最後に両手前やっていたケドほぼ常歩。
やってる事の意味を理解したくてガン見していますが、乗り替わっても分からない。

とにかく最近はハミに対して反抗的で、全集中しないと結果が出ません。
出せるだけマシですが、その時は馬に乗っている喜びを感じられません。

追い込まれないとちゃんと乗れないっていうのは、多分この辺なのでしょう。
「外方手綱と内方脚の関係が甘い。」

「総じて手綱も脚も、オマエは右側が甘い。」
「左手前では外方手綱、右手前では内方脚だ。ジョーの癖も理解しろ。」

2018年9月 9日 (日)

乗馬706鞍

本日も自主トレ。

金曜日が結構おっかなかった状態だった為、とにかく今はケガ出来ないし、用心して乗りましたがまぁ普通でした。

難しいコトはやりませんでしたが、内方姿勢と下方移行を中心に普段くらいは走らせました。 まぁ普通。
今日のくらいなら、見られてても怒られないかな。

アブミを一穴伸ばしてみました。
こっちのほうがしっくり来る。アブミに体重を逃がしやすい。

明日行けるかなぁ。

2018年9月 7日 (金)

乗馬705鞍

自主トレ。

天気が読めず、社会貢献事業という名の不眠不休奉仕も、こっちのほうも予定が立ちません。
グダグダな天気につけ込んで、今だ! と飛び出しました。

季節の変わり目なのか、運動不足なのか、ジョーはおっそろしくピリピリしてました。
そうでなくても自主トレだし、そうでなくてもケガ出来ないし、ご機嫌取って終わりました。駈歩はやらず。
値千金の時間をつぎ込んだのに、爽快感ゼロ。

クラブ滞在2時間の間に、報告および指示を仰ぐメールが合わせて32本。

2018年9月 3日 (月)

乗馬704鞍

「クチ向きをみたいから、ちょっとだけ最初に乗る。」 と言われ、まず[先生]から。
ところが、これが長い~。

何をジョーに求めているかがボクにも分かる内容のモノと、何を何のためにやってんだか分からない調整とを織り交ぜ、長い時間掛けてドみっちりと。
95%常歩。
収縮等は一切無しで、難しいコトも一切無し。

トータルとして、何を目的に乗っていたのか分かりませんが、一つ分かるのは[気に入らねぇんだろう]って事でした。
普段ならさっさと乗り替わるか、踏変や収縮を始めるから。

案の定、「丁寧に乗っていない。俺が教えたように乗っていない。」でした。

「内方脚と外方手綱の関係がなってない。扶助をする瞬間に馬を見ていない。ほっとくと、オマエはすぐに適当に乗り始める(怒)。」
本日も追い込まれました。

まず第一に、乗れる喜びを噛み締めたいだけなんだけどなぁ。

2018年9月 1日 (土)

乗馬703鞍

雷…。
出して数分で、「オイ、雷だ。あと5分乗せてやるから終われ。」

1週間ぶりの自分の乗り勘も、ジョーの調整も、あったものじゃありませんでした。
この時を楽しみに、4時起きで行ったんだから勘弁してくれー。

先週[先生]が自分の鞍に油塗ってて、
どの位の頻度なんだ? オレこの鞍買ってから2回しか塗ってないケド良い? と聞いたら、「バカヤロー、もっと塗れ。俺は2週に一回だ。」と怒られました。

時間出来たので、今日は鞍・頭ラク・腹帯・ブーツに油塗る日にしました。

今日の午後は絶対休む!

2018年8月26日 (日)

乗馬702鞍

週一だけは死守しないと。
残りの日々は、深夜まで全部ボランティア仕事です。 8月の記憶が無いー。
ついでに言えば、自分の仕事をした記憶も、入金もありません。 面白くなって来やがったぜ。

本日は先に乗ってくれました。
「ハミ受け具合を確かめたかった。」 と後で言ってましたが、見てた限りでは流石だなぁ(or しゃらくせぇ)の一言。
普段言われている事のお手本が全部のっけでした。見てただけでお腹いっぱい。

全部やりやがったなぁ…(つまり、今日はどこを攻められても結果はボクのせいだって状況がコンプリート) と思いながら乗り替わり、前半は常歩と早歩で[肩を内へ](社長から言葉を教わりました)と収縮。

最近のジョーは反抗と言うか、「暑くてダリーんだから、ちゃんと乗れないヤツの言うことを聞く気は無いぜ。」って態度をあからさまに出します。
結構追い込まれちゃいました。
これだけで普段の一鞍分以上。

次いで駈歩。反対駈歩と収縮と踏変。
収縮は前回の社長の御言葉を意識したら、「なかなか良い歩様をしている。」を頂戴しました。自分でもそう思う。
良いも悪いも客観的に分からないとね。

本日は[先生]先乗りから始まって、通常の3~4倍は働かせてしまいましたが、ジョーが随分頑張ってくれました。
「ちゃんと乗れるんならガマンしてやる、従ってやる。」って声が頻繁に聞こえました。その繋がりを維持するのに、自分の9割以上は使いました。

踏変は10歩以上掛けて、グダグダの、「それは踏変って言わないよ」ってヤツを一回やりました。
考える事が多い。

2018年8月19日 (日)

乗馬701鞍

先週に続いて[社長レッスン]です。
時間の都合もありましたが、今回は自分から予約しました。 聞きたい事があります。

最初は他の方をみていたので、勝手に調整しながら乗りました。
昨日ちゃんと乗ったせいか、反抗はそれほどでも無い。

駈歩を始めたら呼び止められました。
「右手前で内方脚が後ろ過ぎる。それでは馬に外に膨らむ事を常時求めている事になる。」
「簡単な会話ならカタコトでも通じるが、高度な交渉ごとになると、キチンと話せなければ結果が出ません。」

ちょっとやってみて、「まぁ悪くありません。」
「左は元々悪くない。左手前が得意ですか?」
びっくりしました。左は反対星人で、今でもおっかなびっくりなので。

今だ、と思ったので聞いてみました。 漕がずに乗るのってどうすれば良いですか?
「駈歩の反動は、上に向かうのと、前に向かうのが混在しています。前に行かされる力は無視するのです。」
「上への力にだけ付き合う。」

「馬と一緒にスキップしてください。脚の位置は、そうすれば正しい位置に来ます。」
「鐙を踏んで、真上に体重を逃がして下さい。馬の背中に跳ね飛ばされる前に、自発的に。」

「ついでに言うと、せっかく脚に体重が乗ったそのタイミングで、脚を使います。」
「騎手の体重が上に抜け、背中が楽になったタイミングで腹筋に刺激を与えると、さらに上に行き、馬体はより丸くなります。」

「まずは、上、上、上と、一歩ごとに上に行くように乗って下さい。慣れたらそのタイミングで脚を使う。」
「それを、後ろ、後ろ、後ろって向きで行うと馬は収縮します。前、前、前だと馬は前に出ます。」
ちょっと考えながらやってみてください。

2018年8月18日 (土)

乗馬700鞍

700鞍目です。

5時起き時点で22度でした。クラブ到着時の7時も同じく。
今年は暑かった分、秋が来るのも早いのでしょうか。

仕事ではなく【お役目】が連日モノ凄い状態で、昨日寝たのは2時半。
飲み会とかじゃ無く、純粋にシビアな会議と膨大な事務作業でです。これで11日目。
疲れが抜けず、乗ってて目が開きません。

本日のジョーはかなり反抗的でしたが、でも面倒くせぇので適当に乗っていました。 色々考えれないよ。
頭を下げないし、トモを出さない。身体が硬い。 でもイイや。

当然に、「オメー、何やってんだ?(怒)」 と[先生] にチェキされ、上記を述べたら 「じゃぁ代わってみろ。」

さすがに乗り替わって即に結果を出し、でも反抗は長かったので追い込んだ乗り方をしていました。
で、「よし、乗れ。(怒)」

「オマエをなめてたんだよ。 ちんたらした乗り方してねぇで、俺はこういう乗り方が出来る騎手だっていうのを分からせろ。」
「馬には感情があるからな。調教がここまで進んだからって、スタートの状態がいつも一緒な訳がねぇんだ。」

「面倒くせぇって思えば馬は何もやらないよ。分かったか? 今日はそういう日だ。 追い込め!」

で、わたくしめが追い込まれました…。
年間でも5指に入るやつでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー