« 乗馬640鞍 | トップページ | 乗馬643鞍 »

2018年4月 7日 (土)

乗馬641・642鞍

本日2鞍、まずジョー。

冷え込んで強風・しばらく乗っていないって条件だった為、[先生] のほうから「乗る前に回そう。」 と言っていただきました。
最初は跳ね、駈足出したら随分と長い時間止まりませんでした。
いきなり乗ったらヤバかったなぁ。

騎乗後は様子を見ながらの行き当たりばったりでした。 第一は馬を緊張させないように。
でも 「内方姿勢が足りない。」 とか「段々馬が伸びてきた。」 などのチェキは入れてきたので、その辺も様子を見ながらボチボチと。

「馬がピリッと元気だったので、推進を掛け過ぎずにゆったりと・でも伸ばさないようにと難しい事を言ったが、割合折り合いは付けて乗れていたと思う。」

.

次、会有馬P
どういう馬だったのか忘れています。最後に乗ったのがもう随分前。

馬の動きが硬く、背中を使ってくれませんでした。
駈足ではノーコンタクトの長手綱&ツーポイント気味の軽いシートで臨みましたが修正できませんでした。
本日は[見る] 馬が頻発した天候条件で、この馬でこれをやるのは勇気が必要だったのですが。

これでは終われんと思った為、最後の速足で許可なく座ってみたら結構マシになってくれました。
悪くない感じになったと思います。
「最後の速足は良い感じだった。右手前が全体的に良かった。」

この馬に乗る時は、基本ノーコンタクトで・ [求める時だけ瞬間強く] を徹底しようと思います。
緩急の振り幅をジョーより大きく付けないと。

« 乗馬640鞍 | トップページ | 乗馬643鞍 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595927/66568067

この記事へのトラックバック一覧です: 乗馬641・642鞍:

« 乗馬640鞍 | トップページ | 乗馬643鞍 »