« 乗馬631鞍 | トップページ | 乗馬633鞍 »

2018年3月17日 (土)

乗馬632鞍

前回同様、出だしから馬は良いです。
落ち着いていて・従順で・柔らかい。

前半は自主トレで、右駈足までは結構良く・左に変えたら反対2連発。
そこで[先生]が戻って来て、「オメー正面から見たら右足のほうが下がっていたぞ。止まったままで左右均等になるように踏んでみろ。」
と、まずコレにびっくりしました。

オレ、超歪んでいるじゃん。相当左を踏まないと均等にならないみたい。
「そのくらいで良い。」と言われる状態では凄い違和感が生じています。

そのまま「ちっと代わってみろ。」で、かなり長い時間を外方脚で内方トモを押し込むレクチャーに頂戴しました。
[先生]騎乗の常歩輪乗りの中で、「今俺は肩は逃がしていない・パッと見は側方に馬体が湾曲している。でも、内方トモが外に逃げているのが分かるか? ジョーは左手前でこの傾向が強い。」
「この時、馬の重心は外に向かっている。ハミも外方にだけ掛かっている。ここに気が付け。 ここで駈足出せと言われたら、馬はどっちの足を出す?」

上手に言葉にまとめられませんが、本日[先生]の言ってる事はとても良く理解出来ました。
終わりに少しだけ乗り、まだ反対も出ましたが狙ってちゃんと出たっていうのもありました。

内方姿勢の作り方を考え直す必要がありそうです。
まず、内方脚だけに頼っていたかもしれない。
それと内方ハミが抜けていたのを、軽い(良い)と勘違いしていたかもしれない。

左手前の内方姿勢に限ってですが、
1.内方アブミを踏む。突っ張って前に行くくらいでも多分良いかも。
2.外方脚を意識する。馬の内方トモの動きを意識する。
3.内方手綱をきっかけにしない。外方手綱で壁を作るだけにする。
しばらく基本はこの方針で、修正掛けながら乗り込んでみたいです。

« 乗馬631鞍 | トップページ | 乗馬633鞍 »

乗馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595927/66496159

この記事へのトラックバック一覧です: 乗馬632鞍:

« 乗馬631鞍 | トップページ | 乗馬633鞍 »