« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の18件の記事

2018年1月29日 (月)

乗馬617鞍

前回半減却の事を話したせいかどうか、本日は蹄セキ中心で、内方姿勢の事ではあまり追い込まれませんでした。
ただし結果はイマイチでした。

忌々しいなぁ、半減却。
以前巻き込まれた際にいただいた教えを、(どうせ今後もなるだろうから) と忘れない内に自主練していたら、結果がなんと素晴らしい収縮。 その時は、これだ!と思いました。
なにせ 「その収縮は良すぎる。ジョーにはまだ早い。」 と[先生]ストップが掛かったくらいなので。

それを何度やっても今は上手く行きません。
しかも内方姿勢ばかり気にしてきた割に、本日は左駈足が反対3連発でした。
何だかなぁ…。

まぁ自分で思っている程は内容は悪くなかったようで、[先生] の評価は普通でした。
「反対出した後に、自力で立て直そうとやってた輪乗りも悪くなかった。」
「半減却については、俺だったらジョーを一度叱ったかもしれない。軽くカチャってハミを歯に当てる感じでさ。」

ハミに対するリスペクトが足りなかったって事でしょうか。
でも自分のやってる扶助に絶対の自信がないと、なかなか叱るって出来ないよなぁ。 とりあえず今後に生かす為、今日のジョーの感じは記憶しておきます。
安定した結果は出なかったケド、真っ直ぐ座っていたし・ちゃんと肘はロックしていたし、そんなに間違っていたとは思いません。

2018年1月28日 (日)

乗馬615鞍・616鞍

本日も二鞍。

まずジョー。
考えたいのは、[内方姿勢と・半減却と・ケンカしない脚と・イメージ戦略と・馬と会話するコト]。 (無理)

半減却はやっぱ全然でした。
「今収縮させようとしてたのか? オマエにそんな気があるとすら見えなかったわ。」
ビックリだわ。みたいに言われました。一回これだけの日を作ってみたいなぁ。
でも真っ直ぐばっかやってるとチェキされるんだよなぁ。

四人フリーライドだったので、いささか馬場が狭かったです。
他の上手な方たちは自由に乗り回していて、自分のスペースを探してウロウロさまよってしまいました。

次いで会有馬(SP)
595鞍目で乗ったポニーの二度目です。
初回だった前回同様に、良い感じにはすぐ持っていけました。(注:真っ直ぐのみ)

すると「オマエの内方姿勢はなってねぇ。」 が始まり、以降キツく追い込まれました。
馬体が横方向には硬くて上手くいかない。 ジョーと同じ要領でやっても全然結果出ません。

しまいには「ちっと代われー。」 が出ましたが、その後は[先生] が乗ってくれたおかげでほぐれたのか、少しましでした。
攻略法が見えたので、次はもう少し早くに何とかしたい。

「内方脚で壁を作るんだ、それで押す。 拍車でチクチクやってどうにかなるもんじゃない。オマエは押す力が馬に対して効いていない。」
「そこで外方斜めに行こうとするのを外方手綱でブロックするんだ。 オマエの拳は左右均等じゃなく、内方が強い。つまり、そこでモノをいうはずの外方手綱が緩い。」

もう何度も何度も言われてますケドねぇ…。
色々考え出すと難しいモンです。
基本が一番・シンプルが一番なのですが、それだけじゃ足りないトコが崩れる原因なんだなぁ。

2018年1月27日 (土)

乗馬613鞍・614鞍

本日2鞍。

まずジョー。
最近内方姿勢だけを焦点にして乗って来たので、その辺はボチボチと微速前進しています。
自己評価50数点程度の輪乗りなら、比較的スッと出るようになりました。あとはこの練度の向上です。

反面、少し前に何か掴んだ気でいた、半減却が忘却の彼方でした。
「詰めろ。」 と言われてから結果出すまでがスムーズではない。
「手綱で追い込んでる。脚ではケンカしている。」
全部乗っけは難しいです。

.

駈足から正反動への移行で、「駈足は良いリズムだったのに、正反動移行後にテンポが変わってしまっていた。どういう移行にしたいかイメージしてるのか?」 と言われました。

イメージ?
「そう、イメージだ。乗り手が指示しなければ、運動はすべて馬なりになってしまうだろ。」
それは分かるケドー、その対処法がイメージ?
「そうだ。 そうなるように思って乗れ。」

→ やりました。 意味分かんないけど上手くいきました。
何か、そういうもんなんでしょうか。

次いで610鞍の時と同じ、おっかないポニー (F)。

前回より馬の感じが難しかったのと、部班の最後尾で前の馬に追いつこうとするのをコントロールした事で、本日は結構時間がかかりました。
レッスン終了間際にギリギリ。
一度フリーライドで攻略法を色々試してみたいなぁ。

2018年1月24日 (水)

乗馬612鞍

この冬No.1サム。
加えての強風なので、乗る前に[先生] がジョーを回してくれました。
「いささかこんな日は、突然目ぇ引んむいたりするからな。」

初めてでした。 従って、プロがやるのを間近で見たのも初めて。
素人なりに昔はよくやったなぁ。いきなり乗るのはおっかなかったから。
もう瞬きもせずにガン見しましたが、そんなに変わらないかなぁ。(簀巻き)

馬場が凍り始めていた為、ロンジングで耕した跡を輪乗りしました。
本日は、割と最初から悪くない部類。
「左が良い。 右はベンドが足りない。」
日によってデコボコします。

まぁ、軽早足と正反動まで結構良かったと思います。
それなりの雰囲気を出すまでの時間が短縮されていました。
でも例によって、どうして良かったのかがまだ整理出来ません

トモの様子も大分良くなったので、久しぶりに駈足でもやりました。
輪乗り中の脚の使い方は、正反動と一緒では外に膨らみ気味になります。 外方脚でもう少し支えないと。
リズムの中で効果的なタイミングがありそうだなぁ。

2018年1月21日 (日)

乗馬611鞍

昨日と言うか、最近の引き続き。駈足はやらず。

3人フリーライドでした。
昨日は2人でしたが、3人だと急にスペースが少なく感じます。

でもまぁあんなモンかな。ボチボチって事で。
良くも無いケド悪くも無い。
少なくとも崩れてはいないので。

こんな感じで乗っていれば、多分そのうち身に付いて来るでしょう。
まだ言葉にしての整理が出来ませんので、もうしばらく・もう少し。

クラブ二大巨頭のお一人が、ボクが昨日乗った(F)で乗るレッスンと同枠でした。
格が違う。

2018年1月20日 (土)

乗馬609鞍・610鞍+ニョーボ67鞍

本日2鞍。

まずジョーで609鞍目。
2人フリーライドの中での輪乗り。 駈足はやらず。

右は結構良いです。スッとは出来ないしムラがあるのは否めないけれど、方向はあれで合ってると思う。
肩から逃がさない、あまり内方に向けない。

左は[先生] に追い込んでいただいて、ようやく最後っ頃に少しマシになる感じはいつもと同じ。
腰を内に入れない、しっかり内方への湾曲を出す。

次いで、ニョーボと一緒に会有馬で610鞍目。(F)
最近乗っている(F)では無い、実に4年ぶりのおっかないポニーのほうです。
(旧序列は2位@当社比)

長手綱にしてコンタクトを抜いちゃえば頭を下げて力を抜いてくれる。でもスピードは上がる。
[あのー、もう少しゆっくりにしてくれませんかねぇ。]、 [顔真っ直ぐにしてくれませんかねぇ。]、[輪乗りなんで内方姿勢取ってもらって良いですか?]
で、ちょっと手綱触るとグワーンって頭を上げます。
→ もう手綱持たないしかボクには手が無い。

そんな風に手綱フリーでとりあえず走らせて・シートでスピードを殺しながら、頭が下がった時点から騙し騙しチョイチョイと手綱に刺激を与える感じで乗りました。
右は良かったかな。
左はジョー同様に、腰が内に入るのを修正出来ず。

この馬は難易度が高いです。
勿論ぶつかり甲斐のある・とても面白い馬だけれど、「面白い。」っていけしゃぁしゃぁと口に出すにはまだ自分の力量が不足している。

ニョーボは67鞍目。(N)
ホントはジョーに乗りたがったので月曜に[先生] に相談してみたら、「危ない。」 との一言でした。 今、[見る] ので。

前回の考えどおり総合鞍で乗せました。
全然悪くなかった。
あの馬にあれだけ乗れたら上等。

昼飯食ってる時に、「たった一言のアドバイスを反映させるだけで馬が変わるのねぇ。」 とニョーボが言いました。 そうなんだよ。
そこが[先生] の凄いトコで、ボクもそれに気づいてからブログを始めたのです。 記録のために。

2018年1月18日 (木)

乗馬608鞍

昨日が雨だったので、[先生] 居ない日ですが乗りに行きました。
明日はオレ主催の会議なので行けないし。

細かい事を言わずに自主練させてくれるので、前回の続きをやりました。
トモがピリッと治らないので駈足はやらず。

懸念の物見は姿を隠していましたが、[内方手綱を極力使わない・通常のコンタクトは激軽く] を意識したら (だったら逃げちゃうよー。)と真面目にハミを受けず、馬に集中がありませんでした。
後になってみれば反省点が思い付きます。 この辺がダメだなぁ。

でもそんな中での輪乗りは、右手前の常歩なら悪くなかったはずです。
正反動も割と良いと思いましたが、先生の周りをグルグルやったけど、ノーコメントだったので判定付きません。

左はイマイチ。
だいたい前述のとおりで、チョイチョイ頭を上げられたし。

2018年1月15日 (月)

乗馬607鞍

昨日の続き。
つまり回転運動と内方姿勢です。

今日は良かったと思います。[先生] が何も言わないので、自力で頑張りました。
途中から結構良かったし、最後にはジョーから 「分かったよ、こうすりゃ良いんだろ。」 をセルフで出せました。
つったって常歩での輪乗りですが、個人的にはコレは大きい。

何つーか[頭を下げろの巻] の時も感じましたが、ずーっと同じ事を言われ続け・でもイメージは有れど全然具現化出来ず・毎回毎回むーんってなりながら乗っていると、前触れ無く突然それらが降臨して来る日があります。
本日がそうでした。

なにが昨日までと違うんだ? って言われても言葉には出来なくて、でも確実に改善されていたのが自分には分かります。
精度が不足しているので結果出すのに時間は掛かりましたが、以前も最初はこんな感じだったのを記憶しています。

①先生が何を要求しているのか意味すら分からない。
②意味は分かるようになったけど全く出来ない。
③何か急に出来るようになってその精度の向上。
の3ステップが自分にはあって、ようやく③に来れたのかなぁと感じます。

過去の経験からまだしばらくはデコボコするはずですが、練度を高めるべく精進を重ねて行きたいと思います。

2018年1月14日 (日)

乗馬606鞍

前半は主に、ジョーの運動不足の解消を行いました。
駈足―正反動の両手前テレコ。

気分良く乗り回していたら途中で 「もうやめろ。」 と言われ、[先生] と代わりました。
「昨日のおさらいをしてやる。」

輪乗りでの内方姿勢です。
昨日教わった事を、手本を見せてくれながら改めてレクチャーくださいました。
まぁ、言ってる意味は分かる。 ずっと前からさ。

分かってるよ。分かってはいるんだ、イメージは。
でも出来ないから言葉責めを喰らうのですねぇ。

「この程度の事で、他人に扶助をしたなって分かるようじゃぁそれは大きいんだ。やり過ぎ。」
「なるべく少ない扶助で伝えたい事を馬に分からせろ。」

2018年1月13日 (土)

乗馬605鞍

祖母の四十九日兼納骨の後に乗りに行きました。
昨日以上に物見をしました。最初っから。

「昨夜も見たんだって?」 と[先生] が言うので、昨日思った事をそのまま申し上げました。
すると「ふーん。じゃぁ今日も同じだな。」
「運動量を制限していて、急な冷え込みに加え、今日は隣で若い障害馬が飛び回ってるからな。」

「まぁとりあえず、正反動で輪乗りしろ。ずーっとな。 馬が疲れるまでやれ。」
そしてその間、ずーっと内方姿勢のダメ出しの嵐。

「肩から逃がすな。隙間があるとそこから走られるぞ。」と、
「腰を外に出せ、常にトモがクロスしてる感じだ。 そうすれば馬はパッて走り出せない。」
そして、「まだ内方手綱への依存が強い。」
そのうちジョーも疲れてきたのか 「あー面倒くせ。」 って感じで力が抜けました。

「こういう時は輪乗りで今みたいな内方姿勢を強くとらせ、運動に集中させながらガス抜きしてやると良い。」
「ちっと元気が溜まっているなぁ。脚が良くなりしだい追い込んでみようぜ。」

乗ってる最中はかなり[先生] に追い込まれましたが、終わった後は結構誉めていただけました。
「基本的に今日の感じで良い。あともう少し内方姿勢が分かってくれるともっと良い。」
「内方姿勢を意識するよりも、外方に逃がさない事を意識しろ。」

2018年1月12日 (金)

乗馬604鞍

[先生] お休みで、587鞍目の時の先生。
ジョーのムクミは引いていて、でも水曜に熱感があった箇所だけプニプニ腫れていて、依然熱感もあります。ここが今回の悪さの根なんだろうな。

歩様に問題ないのは同じですが、一応軽めにしました。

本日は冷え込んだせいか物見が強く(でもそれを言い訳にしちゃいけない)、バタバタさせはしませんでしたが集中には全く欠きました。
[こんな時は内方姿勢] って教えだったので集中的に行いましたが、そもそもそれを満足に行うのが現在の課題で、まぁ要するにそれなり。

直ぐ上を向いて周りを見たがるので、それを下げさせるばかりでした。
頭を下げさせるのが目的では無く、力を抜かせて・安心させ・自分に集中させたかったのですが、[先生] 抜きでそこまで持っていくのは難しいなぁ。

後半の正反動でやや良いかなって思ったので、そこで終わり。
終了時にやる、長手綱での自由常歩をしながらもビンビン見ていて笑ってしまいました。
これじゃぁ完全克服は今の自分には無理だったな。 こんな日もあるのかな。

2018年1月10日 (水)

乗馬603鞍

左トモの傷腫れを土曜の検診で指摘され、日曜常歩だけ・月曜常歩だけ(しかも雨で少しだけ)・火曜は定休日で馬は休養と、今日は絶対良くなってるはずだと思って行ったら悪化していました。
球節の上の腱付け根のあたりに少し熱感もあります。

[先生] も心配し始めるレベルだった為、本日も引き続き軽めにしました。

とは言えビッコ等はまったく無く、療養のせいか元気いっぱいで歩行はむしろ力強い。
前進気勢が強いので半減却も良く効き、常歩・早足ともになかなか良い収縮具合でした。

でもあまり後躯に過重を掛けたく無いので少しだけ。
回転運動はいつもと同様で進歩無し。

2018年1月 8日 (月)

乗馬602鞍

雨の中、少しだけ常歩で乗りました。
もちろん全編輪乗りです。

[馬とケンカしない脚・馬と会話できる脚] を意識しましたが、その反面手に神経が行き届きませんでした。
「基本のコンタクトが強い。常時持っていて、そこでさらに内方姿勢を求めるから巻き込み気味になったんだ。」

反省点ではありますが、新しい石を抱いてそんなに色々簡単に行けば世話ねぇなとも感じます。
自分の思っていた脚の感じが少しは出せたので、個人的には今日は良し。
追々、両方くっ付けて乗れるようになりゃ良いと思います。

2018年1月 7日 (日)

乗馬601鞍

突発的理由で[先生] は不在。
初の[自主トレーニング] 枠で乗りました。

とは言え、昨日の獣医さんの検診で左トモの傷腫れを指摘されていました。
日が経った傷なので外科処置・抗生剤不要、消炎剤投与、そしてしばらくは常歩主体の運動を、との指示でした。
なのでちょうど良いって言えばちょうど良い。

40分間巻き乗り主体で歩かせました。
回転が上手に出来ていたかどうかは判断付きません。

ただ昨日の[先生] の御言葉から、手綱ではケンカしないよう乗るようになりましたが、脚では依然ケンカしていたのかなと感じた為、その辺を考えながら乗りました。

2018年1月 6日 (土)

乗馬599鞍・600鞍

本日2鞍。

まずジョーで599鞍目。

何つーか、回転運動では思った感じを出せず、個人的にはイマイチでした。
部班馬場での3人フリーライドだった為、ちょいちょい御言葉を頂戴しながらのほぼ自主練でしたが、それではダメだったトコが今の自分の力量。

[内方手綱を使い過ぎるな] は夢に出るほど分かっていて、(とにかく内方脚だろ) とそっちメインで行っても良い感じが出せません。
効かねー、効かねーってやっていると、馬が臨界点を超えてパッって早くなって・姿勢とラインが乱れてしまいます。
今の脚は強かったかなぁと反省し、そうならない様にやり直すと結局使っていたのは内方手綱だけってスパイラルに陥りました。

ちょっと閃いて、次回試しに長鞭を使ってみたいであります。と終了後に申し出たら、即却下でした。
「まだ早い。」

「馬の個性にも、オマエの乗り方(性格)にも長鞭は必要無い。 だったら長い拍車付けろ。」
「内方脚が効かないってどんどん強くしていくのは間違いだ。ギューギュー強く押されれば、馬だって逆に抵抗して押し返して来る。」

「力づくで馬に言うコト聞かそうとするのがダメなのは、手綱も脚も同じだ。」
「もっと寄り添うような使い方をして、手綱同様に脚ででも馬と会話をしろ。」

次いで会有馬(F) で600鞍目。
582鞍目の馬です。

部班の中だったので、前の馬との距離をコントロールしながら頭を下げさせていたら、求めるばかりになってしまったようで緊張させてしまいました。

大きな反省点です。
馬との会話が足りませんでした。

乗り終わって、この馬の前にしゃがんで爪の手入れをしていたら、頭をカジられました。(生あたま)
ジョーはボクにはやらないので、すっかり油断していました。 結構ビックリしたのと、いつまでも結構痛い。

.

今まで知らなかったのですが、バナナ喰うって聞いたのでジョーにやってみました。 ホントに食いました。
面白い。

2018年1月 3日 (水)

乗馬598鞍+ニョーボ66鞍

本日もニョーボ同伴。

まずニョーボ。 もうこれを指定馬にしていただいている状態で(N)。
レッスンスケジュールの関係で[先生] ではなく、障害の先生です。

昨日感じた事がモロに出て、本日は馬にヤラレていました。
上体は後ろに反り倒れ・脚は当然に前に出て・バランスを取るために手綱にぶら下がる姿勢。
あの馬にそれをやったら、ヤラレるに決まっている。

ボクは先生では無いので黙っていましたが、昼飯食ってる時に軽く尋ねられたので軽く答えました。
(あと2ミリで良いから今より前で座れ。)

次回[先生] に稽古付けて貰えれば、また様子は違うでしょう。
とりあえず、今後しばらくはアブミ短めで総合鞍に座らせます。

次いでワタクシ。

「輪乗りの際に、内方手綱への依存が強い。」
「どうしても内方手綱で回しているように見える。」

分かってんだけど難しいなぁ、これは。
「俺の周りで輪乗りしろ。」 と言われて、延々と言葉責めされないと改善出来ません。
今度の三連休は[輪乗り責め] をブチ込んでみようと思います。

「コンタクトの強さは上手く調節出来ていたように思う。」
「直線はかなり良い。オマエが乗っている姿はちょっとしたモノだ。」
「だからどうしても回転時のアラが目に付く。」

2018年1月 2日 (火)

乗馬597鞍+ニョーボ65鞍

本年初乗りです。

まずワタクシ。
本年の目標の一つに、下を向いて馬を見ない事を挙げ、それを[先生] に申し述べました。

それは難しい事だけれど、ギターと同じで下向いて弾ききる事に没頭していたらリズムに合わせられない。ビートを感じられない。
だから、しばらくは馬の状態が見えないので今まで以上に細かくダメ出ししてくれと。

途中で声が掛かり、「さっきまでは良かったが、今は少しビハインド気味になりかけている。」
「ハミへの出が悪い事と、コンタクトが少し抜け気味になった事に気付いて欲しい。」

むーん、全然分からなかったなぁと軽早足にして調整していたら、また声が掛かり、
「良くなった。今はかなり良い状態だ。」
「こんな時にこそ少し強く求めたりして、いわゆる(練習)をやるんだ。」

むーん…。 全然分かんなかった。
つまりはこの辺だな、要するに。

昼飯食ってる時にニョーボに、
「ジョーは凄く上に弾むような走り方をしていた。」
「元気が有り余ってるような感じだったけど、乗ってて大変じゃなかった?」 と聞かれました。

お世辞じゃ無かったのなら、さい先良い初乗りです。

次いでニョーボ。(N)

前回から1ヶ月以上空いたので、まぁあんなモンか的な感じ。
[先生] も同様な意見でした。
楽しく安全に乗れれば良いじゃない。

総合鞍(No.3)じゃなく、ボクのメインの馬場鞍(No.4)のほうで乗りたがるので、ニョーボ用の鐙と鐙革を用意しました。
ボクの鐙革だと、一番短くしてもニョーボの足の長さに合わないため。

おかげで長さは合った状態で乗っていましたが、ニョーボのシートが馬場鞍に合っていないように感じました。
もっと前に座るか、脚を引かないと。

気分良く乗れればそれで良いけれど、あの乗り方なら総合鞍のほうが合っていると思うなぁ。

2018年1月 1日 (月)

体脂肪 2018_0101

1/1 体重 61.6㌔ BMI 21.8 体脂肪 19.6% 内臓脂肪レベル 9

12月平均値は 体重 61.0㌔ BMI 21.6 体脂肪 18.30%

グラフが上向きになってきました。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »