« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の18件の記事

2017年12月31日 (日)

乗馬596鞍

2017乗り納めです。

425鞍から596鞍で171鞍。 忙しい中良く乗ったもんだなぁ、ホントに。
このクラブに入会後、最初の6年分を1年で乗っちゃったんだもの。

いつまで経ってもただ乗るのが楽しいってだけで乗っていますが、去年よりも違う場所に己が立っている事も自覚できています。
ひとえに[先生] とジョーのご尽力の賜物であり、誠にありがたく存じます。

[先生] のご指導(指令)に応えるべく苦しみながら乗っていると、馬が 「それが正解!」 って言ってくれる時があります。
その瞬間が非常に嬉しい。

また、それよりもっと希少ですが、ジョーが 「分かったよ。こうすりゃ良いんだろ。」 って言ってくれる場面にも遭遇するようになりました。

言葉が通じなくて・しかも感情を持っている別の生き物に、本人にしてみれば迷惑でしかない事をさせておいてそういう返事が返って来るって、ボクには物凄い事だと思われてなりません。

それがただ嬉しく、楽しく、目標でもあります。
現在手が届く気配すらありませんが。

その辺で、ただ楽しいだけじゃ飽きたらず、激ヤッバイ深淵に片足突っ込んでしまった感に気付いた年でもあります。
もう戻れない。寿命が足りない。

オリハルコンの鞍とかその辺に落ちてないでしょうか。

2017年12月30日 (土)

乗馬594鞍・595鞍

本日2鞍。

まずはジョーから。

小さい回転の後、[中央線へ入る] の繰り返しでした。
オッケーが出なくて苦労しました。

「回転が小さくなればなるほど、手綱ではなく騎座・脚で馬体を支え、馬と重心を一致させて回ることが重要になる。」
「また、回転に入る前の準備も同じく重要だ。その辺がなってない。」

何度も同じ事を言われていますが、本日は全然修正できませんでした。
馬を気にして下ばっかり見て、進行方向を見ることの重要性を忘れていたと終わった後で思いました。
回転で大事なのは扶助じゃなく、重心とバランス。

ついで会有馬(SP)

初めて乗るポニーです。

細くて小さくて・若くて柔らかい。
騙し騙し、様子を見ながら乗りましたが面白かった。
[先生] に及第点貰えるくらいは乗れたかな。

「上手く乗れていた。反応を見ながら乗れると面白いだろ。」

2017年12月29日 (金)

乗馬593鞍

出して直ぐは、
「動きが悪い。しかもハミを真面目に受けていない。」 と言われ、その調整をしました。
586鞍目と同じ。

真ん中頃は、
「歩度を詰めたり伸ばしたりしろ。」 と言われ、最近やってる収縮早足(自称)と、伸長早足(的な)のテレコをやりました。
「伸ばした時のコンタクトが強い。それではジョーに我慢させている。」
591鞍目と同じ。

終盤は、
「小さい巻き乗りをやれ。」 と言われ、これも最近言われた事を意識してみました。
でも、「まだ馬が内に倒れている。そういうイメージでは無いって言ったよな。」
真っ直ぐ座って、丁寧に乗ったらオッケーが出ました。
590鞍目と同じ。

上記3点とも指摘されれば直せるけれど、指摘されない限りダメなトコがダメですね。進歩が無い。

「全体的に良い感じだったが、細かいトコでのコンタクトの強さをもう少し考えろ。」
「そこが上手くいかないと、どうしても馬だって感情的になる。」

右脇に小さい拍車痕を見つけました。
左ならともかく、自覚無しに右だけだったっていうのが自分のダメさを突き付けられた感じ。

2017年12月27日 (水)

名古屋港水族館

昨日の続き。

本日は名古屋港水族館です。
娘も上だけor下だけならそれぞれの好きなトコに連れて行きますが、二人一緒なので最大公約数を取りました。

.

まずは…、朝から雪ワンワン降っています。

S2017_1227_090009

着きました。
スッゲー寒い。

S2017_1227_094756

ちなみに我々は10年ぶり二度目です。
昔は隣接地にこんな施設がありました。

S2007_0404ah


.

入ると正面にシャチと、

S2017_1227_095653

イルカの親子が出迎えてくれます。

S2017_1227_100106

.

ショーは見たいですが、雪ワンワン降ってる なう。
カブリ付きの席で30分待ちました。

S2017_1227_125937
横殴りの吹雪かと思うと、一瞬だけ晴れ間が出たりしました。

S2017_1227_133642

ベルーガもシャチのショーも見ましたが、写真撮る気が起りません。
寒くて。

S2017_1227_1345241
中は暖かいです。

S2017_1227_154340

開園時刻から閉園時刻まで満喫しました。
喜んでいただけました。

2017年12月26日 (火)

名古屋城

そういう訳で、名古屋城です。

この正月は泣きながら仕事します。

.

入場料を払って中に入ると、チョー男前の織田信長像が出迎えてくれます。

S2017_1226_111418

シャチホコも居ます。

S2017_1226_1115031

本丸御殿が復元中です。
出来たばっかなのでスタッフの目つきが鋭い。

S2017_1226_112654

天守到着です。

S2017_1226_1136371

最上部にて殿の景色。
外には出られません。

S2017_1226_122115

RC造なのは承知の上で来ている ・ むしろそこはあまり気にしていないのですが、同じ大阪城や小田原城に比べて楽しんだ感が薄い気がしました。
何だろうね。

次は松本城に行きたいな。

2017年12月25日 (月)

乗馬592鞍+長女101鞍

物凄く忙しいですが、身柄を拘束される約束さえ無ければこっちのものです。
冬休み突入の娘を連れて乗りに行きました。

まずわたくし。

まぁ普通かな。 可もなく不可もなく。
昨日よりは良いところが少ない。

.

ついで長女 (H)

これも普通かな。
特別に何か言うコトも無く。

S2017_1225_222233

2017年12月24日 (日)

乗馬591鞍

自分で思っていたよりは今日は乗れたみたいです。
悪くありませんでした。

前々回の、巻き込まれた際の半減却の練習を自主的にやりましたが、最初は強かったようです。常足への移行で頭を上げられました。

「今の速足の姿勢は結構良かったけれど、常足への移行でジョーが頭を上げたのは苦しかったからだと思う。」
「速足の間はガマンしてたんだな。 馬が一番我を主張するのは常足にした時だ。」
「そういう訳で、もうちょっと何とかしろ。」

そんな感じでジョーの具合を聞きながらやっていたら、今度は割と良かったみたいで[先生] からストップが掛かりました。
「その収縮速足は良い。」

「でもその歩様はジョーがかなり頑張っている。」
「今の段階ではあんまり長く続けずに、少しやったら楽にして褒めてやれ。」

「ジョーは良くなっている。良く褒めることで良い関係を作っていけ。」

2017年12月23日 (土)

【映画】ガールズ&パンツァー

この続き

二年ぶりの続編です。
上・下両方(ムスメ) から求められた為、連れて行きました。

もう見事にオッサンばかりで結構混んでいました。
たった1時間で終わっちゃって、[次回に続く] のパターンでした。

娘が言うには結構続くとのコトで、マジかよって感じ。

街で散在させられて帰宅。

2017年12月22日 (金)

乗馬590鞍

日曜が来る前に乗りに行けました。
前回のリベンジです

前回[先生] が乗ってくれた時は、上と前に馬が逃げる事は許し、下に潜った際にだけ即座に半減却を行っておられました。
あの乗り方が出来さえすれば…。

しかし撃沈でした。
巻き込ませるのが怖い為、頭を下げろと言わないようにしたら当然のようにガンガン上げられました。

馬との折り合いが付けられず、かつ自分がそもそも指示どおりに乗り方を修正出来ないような時に限って、[先生] は新しいコトをワタクシにやらせます。

駈け足での極小さい輪乗りでした。
外方脚で押し込めと。

本日の状態からすれば良くやったほうだと思いますが、[先生] は不満そうでした。
「肩で回っている。」

「回転で馬を内に倒すのではなく、バランスバックさせて後躯に体重を掛けさせろ。」
「小さくても輪のラインに馬を乗せるって理屈はいつも同じだ。」

2017年12月17日 (日)

乗馬589鞍

一週間ぶりです。
乗り勘を取り戻すよう・自分の悪い乗り癖を出さないようにだけ努めました。

が、開始早々に巻き込ませてしまい、結局その修正に終始しました。
でも個人的には、今の自分基準で言えば、それほど悪い乗り方をしてなかったとは感じています。だいたい数分しか乗っていない。

[頭を上げさせない・下げさせる] については、今までの道のりからそれなりの対処が見えてはいるのですが、本日で二度目のこっちのパターンはまだよく分かりません。
ただ自覚は無くとも[持ち過ぎ] だったという事実は結果が示している為、常歩に落とし・長手綱タルタルで脚で追ったりしました。

それに対しての[先生] の御言葉は、「手綱は短くしっかり持て。でも絶対に自分のほうには持ち込むな。」 でした。
「脚はもちろん使うが強くでは無い。歩様が乱れたり・馬を緊張させるようではダメだ。」

「腕の関節を使うとたちまち潜るぞ。手綱を引かないようにするために上体と肘をロックして、騎座の重心移動で何とかしろ。」
「そこに馬の様子を感じながらの推進を加えていけ。」
「ゲルで出来た壁を馬の前に作ってバランスバックだ。壁を作る所までがオマエの仕事で、その壁に顔を押し当てるのは馬がやる事だからな。」

当然にかなり追い込まれましたが、ジョーが「正確!」 と言ってくれた場面にも何度か遭遇しました。
まだ難しいけれど、多分コレが正しい半減却なんだろうなぁ。

「オマエが来れないので、月・水・金と俺がみっちり乗っていた。」
「オマエも良くなって来ているが、まだ俺の乗り方に比べれば手綱への依存が強いという事だろう。 今日のジョーはすかさずそこに反応したんだと思う。」

「頭を下げろと言われ続けたと思ったら、今後は下がり過ぎだと言われる。しかもこっちのほうが、ある意味対処が難しい。」
「でも調教が進んで、馬の柔軟性が高まったって証拠だ。今まで上にしか逃げられなかったのが、下にも逃げられる柔軟性が出た。つまりこれからは、その真ん中のちょうど良い場所で乗る事を求められるし、逆を言えばそういう馬に乗る権利を得たって事だ。」

[先生] に近い乗り方が出来ないとジョーに No と言われるって事は、実は大変に Welcomeであります。
もうそれこそ、心から望むところであります。

2017年12月10日 (日)

乗馬588鞍

ダブルジョイントのハミのほうが、馬の舌への当たりが優しいと [先生] から聞いていた為、関心を持っていました。
でも検索してみたらスゲー高い…。
何だセンソガンって。

したら、この時同様にまたしても神の御心にブチ当たりました。

S51dehmxakl_sl1024_
バッタモンですが、送料無料で1,660円!
商品説明が全く要領を得ないものでしたが、ダメもとで買ってみました。
実測でL=130ミリ弱(一応5inとの記載)、太さ1.3ミリくらい。 小ロクなのかもって気はします。

今まで使用していたのは、L=135ミリ、太さ1.9ミリって普通の水ロクです。

S81tga78jgsl_sl1500_
ジョーに付け替えてみて、サイズ的にはまぁ問題ありませんでした。

てっきり [先生] が先に乗ってくれると思っていましたが、そんな気配はゼロでした。
なのでとりあえず乗ってみました。変化は感じました。

細いケド確かに当たりは柔らかそう。言ってみれば確かに効きにくい
それに加え、口の中の存在にジョーが何だコレ? って思ってる感じがしました。
ふーん。って思いながら一応騙し騙し乗りました。

結果は出るケド、特に左での違和感が拭いきれなかった為、[先生] に途中でチェックをお願いしました。
このまま乗れって言われれば乗れるけど、コレがジョーに合っているのかどうかの判断が付かなかったので。

[先生] が乗ってる姿を見て、オッケーなのは確信しました。

「かなりハミの効きがジョーには優しく感じたようで、(逃げちゃおうかな)って気分になったみたいだ。特に左で。」
「最初は俺にも結構やった。 でも、ダメダメって言えばジョーは受け入れるよ。」

乗り替わって、その後少し乗りましたがまぁまぁでした
ダメじゃ無いならそれで良いです。
ボクに扱える範囲内なら、馬に優しいほうが良いに決まっています。

次回は来週日曜です。 多分その次の週も。
年末は用が多くて厳しいなぁ。 年内の600鞍達成は無理だなぁ。

2017年12月 8日 (金)

乗馬587鞍

[先生] お休み。
部班馬場での一人フリーライドです。先生は居てくれますが100%自主練。

冷え込んだせいか、上級者の障害レッスンのセッティングがされていたせいか分かりませんが、少しピリピリして元気でした。

[先生] に追い込まれて乗る事を常としている為、自主練は勝手が分かりません。
とりあえず最近言われていることを気にして一通り乗りました。
元気で前に出たがり、普段よりその点で強くなってしまいましたがケンカにはなりませんでした。

まぁ…、まぁまぁだったかな。
[先生] だったらダメ出し多数でしたが、結構褒めていただけました w

2017年12月 6日 (水)

乗馬586鞍

稽古開始後軽早足までやって、何つーかイマイチ。
そしてボクのヘタクソな軽早足では歯が立たず、「最初から座っちゃダメなんだよね。」 と思いながらも、騙し騙しグー角だけ座ってみたりしましたがイマイチは相変わらず。

すると、「動きが悪いんだ。 ちっと走らせてみろ。」 と。
「ジョーは割とスロースターターだ。 ハミに出て来なくてまとめられないのを常足・早足で調整すると時間が掛かる。こんな時は走らせたほうが早い。」

なるほどねぇ。
あの程度の状態で早々と走らせたら、それこそ逆に叱られると思っていました。
やって良かったんですねぇ。

で、少し正反動への移行を絡めて走らせてみましたが、そのあとも何つーかやっぱりイマイチ。

すると今度は、「今はもう十分後ろ脚が動いている。」
「身体は動いているが、ハミを真面目に受けていないんだ。」 と。

じゃぁと、少しだけ強めに追い込んだら良くなりました。
以降はまぁまぁでした。

この辺の感覚が無いのですね。見えていない。
今、馬がどんな状態で・何を求めるべきかが見えていない。

「その状態に持って行くとこまでが準備運動だ。開始10分でそうなるようにしろ。」
「そこから練習がスタートするんだ。」

2017年12月 4日 (月)

V50 12ヶ月点検(7年目)

丸6年経過しました。 今月から7年目です。
走行距離89379キロ。

償却終わっちゃいましたが、この状態のコノ車に下取り価格なんて微々たるものです。
新しいスイスポだったり・ゴルフだったり・アバルトだったり欲しい車は多いのですが、今後も大切に乗って、ワンオーナーで寿命を全うさせてやろうかと考えています。

昨年、自馬にしてから年間の走行距離が飛躍的に増加しました。月に2000は走るので年間2万4千キロくらいです。
概ね4年で10万弱行く勘定ですので、引き続きもう5年乗って、11年目の車検満了時にはどうなっているのか・それまで頑張ってくれるのか楽しみです。
20万キロにチャレンジしてやれば、車冥利に尽きるってモンでしょう。

土曜の午後出して、昨日の夜に戻ってきました。
事前リクエストはオイルとエレメントの交換と、10万キロが目安の耐久消耗部品のチェックです。現在不調は一切ありません。

そうはいっても、追加費用はギヤオイル交換が5万何某・リヤブレーキパッド交換が2万何某・プラグ交換が1万何某で、総額125,302円…。

S20171203182928S20171203182930

まぁイイっすよ。どうせ来年の車検か今かって違いだけなので。

下の写真を見るとオイルが凄いです。
前回の交換から僅か3000キロで、真っ黒く汚れているを通り越してホットチョコレートみたいになっています。
ワコーズが効いているのでしょうか。

S20171203182924 S20171203182926

.

代車は去年同様にV40でしたが、エンジンがT3 (1500ターボ)のものでした。
良く出来ていて、V40はこれで十分って感じがしました。

去年の奴(T5)のほうが外観もカッコイイけど、(馬鹿だろこんなにパワーいらねぇよ) とも思いました。
そのクセやたら高いギヤで走りたがる為、パワーあるくせに普段はジョンジョロ苦しそうにするし。

この車に限りませんが、とにかくボクの使い方にはACCが羨ましいです。
110キロ巡行が2000回転なのも羨ましい・シートの革質はともかく、座った感じもコレの勝ちです。
ただオーディオの音質だけは、去年も感じましたがV50のほうが好みな気がします。

満遍なく良い車だけど、一つ痛いのは価格設定かな。
この値段ならゴルフのハイラインを取るだろうな、僕なら。

.

それよりも今は、新しいスイスポが魅力的です。AT一択で。
小っちゃくって・速くって・ACC付けられるし、乗馬クラブへの通勤には最高だと思います。

白にすれば普段の仕事でも気兼ねなく使えるし、二度美味しいなぁ。
維持費も安いし (爆)。

2017年12月 3日 (日)

乗馬585鞍

昨日の感じを出せ。」 と言われて、半分くらい自主練でした。

「バランスと体重移動で馬をコントロールしろ。」
上手く行く時と悪い時が、まだ右で半々・左で3:7くらいです。

上手く行くと、手綱が要らないし・脚も要らない。(注:個人的主観)
馬に負荷が掛からないので、体勢が乱れずにスーって曲がって行きます。

今回のコレは比較的早くに答えが見えたので、あとは精進あるのみです。
重要な事は技術的な事より、自分の乗り癖の改善です。

2017年12月 2日 (土)

乗馬584鞍

最近の引き続き。
ココから始まった、グー角の回り方です。

本日、狭い馬場というかスペースでした。
「オマエに回転の練習させるにはちょうど良いな。」

最初に、何となくこの頃言われた事をまとめたつもりで乗っていたら、
「ちが~う。 カドに深く入れとは言ったが、深すぎる。」
「それでは馬体が円に添っていない。肩が逃げている。」

「手綱には色々役割があるが、基本は肩をコントロールする手段だ。 馬の肩から手綱が生えてると思って、外に逃がさないように使え。」
「しっかり内方姿勢を作って、グー角の4歩で馬を詰めろ。 オマエはカドの入りで逃げられ、直線で取り戻している。逆だ。」

狭いのでしっかり推進、カド手前でしっかり半減却。
肩を逃がさないよう上記の手綱を意識して、でも騎座と内方脚が先行しなきゃダメなんだよな。
そして自分の悪い乗り癖を出さないように。 馬と会話するように。
馬場が狭くて忙しい。

駈足と正反動を半々ずつでしたが、「今までで一番上手に回転が出来ていた。 特に駈足が良かった。」 との事でしたから良かったのでしょう。

グー角進入前の半減却が、結構力業になっていた気がしたので尋ねました。
「悪くは見えなかった。馬が怒らずに結果が出ているのだから良いんじゃねぇか?」
「オマエとジョーの練度が上がれば、追々前は軽くなって行く。」

2017年12月 1日 (金)

乗馬582鞍・583鞍&

通夜・葬儀は週明けとの事で、外孫には当日までやる事も無く愚かに遊びます。

追悼の意を込め、本日無理やり2鞍です。
「生きてて楽しいです。」 と無理やりにでも言える事が、亡くなった尊属には一番の孝行だと思っています。
少なくとも自分にはそうして欲しい。

.

まず582鞍目 会有馬 F

引き続きです。前回騎乗時にはこんな事書いています。

前回はフリーライド形式だった為、それなりに自分なりの調整を掛けられ、後半からモノにできました。
本日は部班形式だったのでそこが厳しく、残念な事にやっぱり後半から。
何が厳しいって、部班は苦手な軽早足が占める割合が多いですね。

あの[立つ・座る] の作業に、ボクは魂の84%程持って行かれます。他のコトを考える余裕が激減します。
本日はもうちょっと早くから前回の感じを出すのが目標でしたが、結局後半の駈足とその後の正反動からとなりました。
「前回と同じく上手に乗っていた。」 をいただきましたが、主観的には要するに前回と同じなんですよね。進歩が無い。

1時間おいて、583鞍目 Jo

これも前回同様で、「右は良い。 左は外方拳(右拳)が伏せる。右後方に身体が傾く。」 を指摘されました。
進歩が無い。

体脂肪 2017_1201

12/1 体重 59.0㌔ BMI 20.9 体脂肪 17.4% 内臓脂肪レベル 7

11月平均値は 体重 60.4㌔ BMI 21.4 体脂肪 18.21%

引き続き、微増の横ばいです。
今日は特別良い数字が出る日に偶々当たった模様です。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »