« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の15件の記事

2017年10月30日 (月)

乗馬567鞍+長女98鞍

前回の続き

いつ崩れ出すのかは分かったモンじゃありませんが、とりあえず何ヶ月も苦しんだ課題はずーっと安定しています。
[先生] も 「最近は細かく言わなくても自力で立て直せている。 結構な事だ。」
との事です。

で、鬼門の全停止。
で、その前に半減脚って言葉が理解出来ません。

・駈足から早足にするのも、早足から常歩にするのも半減脚でしょ? →これはダメが出ない程度には何とかなっています。
・詰めた歩様にするのも半減脚。 →コレはまだ馬と相談しながらで、「遅せー!」 って言われながらもギリギリ何とか。
・で、ペースのコントロールも、輪乗りその他何かする前に体勢整えるのも半減脚…。 →意識してませんが多分やってるとは思います。
そしてこの辺でワタクシの理解を越え始めています。

これに加えて、「停止は半減脚の積み重ね。」 とか言われたら、
・じゃぁ、頭下げて貰う扶助も、
・内方姿勢を納得して貰う扶助も、
・ってコトは、下手したら駈足発進も、もしかしたら斜め横足も全部半減脚なんじゃねぇのか! と、この頃思うのであります。

忌々しいなぁ半減脚…。
[ラブ&ピース] とか、[人類皆兄弟] と同じじゃねぇか。
笹川会長、出てきて何とかしろよ。

この後に、土曜登校の代休日のため付いて来た長女が乗りました。
本日通算98鞍目。

次回の金曜日(11/3)が長女の10周年となります。
10年で100鞍も乗って無いんだなぁ。その割には上手だなぁ。

2017年10月27日 (金)

乗馬566鞍

週末は雨予報ですね。
残念です。

.

本日もまぁ悪くありませんでした。
輪乗りでの内方姿勢も比較的早く結果出せたし、常足への移行でも頭を上げられる事は無かったし、まずまずの部類だと思います。

本日はバーを上げられ、速足からの全停止でチェックが入りました。
「車を止めるみたいにブレ~~キではない。半減却を繰り返しているうちに、[前に出れずに止まってしまう] なんだ。 [止める] のではない。」

そこのイメージは何度も聞いていますが、多分理解していない。
って言うか、最近何でもかんでも半減却だなぁ。

あっちの半減却と、こっちの半減却は結構違うと思うのですが。
この辺の整理が出来て無いんだろうなぁ。

2017年10月25日 (水)

乗馬565鞍

以下、大言い訳大会になりますが、逆を言えばこれが自分の今の立ち位置。

言い訳その1
・雨降ってて真っ暗い夜。
・キツく水溜まりだらけ。
→ 馬が不安がって遠くを見たがり、頭を下げたがらなかった。 足元も常に気にしてて馬の集中が足りなかった。 滑るので前に出たがらなかった。

言い訳その2
・出して一周目の常歩で上記のように思い、二周目で調整掛けたケド足りなかった。
・いつもはもう少し歩かせて色々とやりますが、本日はその二周歩いた時点で 「よし、早足出せ。」 と稽古がスタートした事。
→ 圧倒的に調整不足だった。 左脚へのリスペクトが全然無かった事に終盤気づいた。

だらしなく言い訳を並べ立てましたが、冒頭のとおりこれが自分の立ち位置。精進すれば良いだけの事ね。
[先生] なら以上の事項は関係無く乗るはずですから。

前々回を100、前回を85とするなら、本日は48。
もちろん言い訳タラタラの不満な内容ですが、別に凄く悪かった訳ではありません。 少し前ならまぁまぁだと思ったでしょう。
ある程度安定した内容で、以前に比べれば踏みとどまれ・持ち直せる場面が多いとも感じました。

でも不満。

2017年10月23日 (月)

乗馬564鞍

自分史上最高の出来だった前回からの引き続きです。
ただ、本日は [先生] お休み。だからこそ今日乗ってみて、あの時はマグレが何割だったのかが分かるってモンです。

まぁ…、結果で言えば悪くはありませんでした。
一つケチを付ければ自分のペースで乗った都合上、移行をどこでやるのか・次は何をさせるかを事前に自分は知っていました。
当たり前の事ですが。

その辺で緊張感っていうか、ピリッとした集中が不足していた感じでした。
普段は[先生]の指示が出たら(大体コレがよく聞こえない) 三歩で移行を心掛けています。ダメが出ないように集中して乗りながらも、さらに耳に超集中して早押しボタンにかぶり着いてるような感じです。
ウルトライントロどんみたいなノリ、これが無かった。

まぁしつこいですが、内容は悪くありませんでした。先生も 「今日のドコが不満な訳?」って感じでした。
輪乗りがやや甘かったので客観的には前回比の8割5分、主観的には7割って感じかな。
言ってみれば、達成感が物足りないのかもしれません。

2017年10月20日 (金)

乗馬563鞍

ヤバいなぁ。

自分史上最高です。
コレだけ乗れた事は過去に経験ありません。

「見事な騎乗だった。オマエの事を上手いと思った。」
「毎回こんな感じで乗れたら、もう会員のレベルじゃねぇな。」

まぁ10年に一度のフロックに騙されず、さらに精進を続けないと。
目標はまだまだ手の届かないトコに居ます。

でもそれ以前に、次回が大撃沈大会になりそうで心配です。

2017年10月18日 (水)

乗馬562鞍

雨が続いて困ります。
今日は18時から会議なので、20分ほど軽く乗って速攻逆戻りでした。

「部班レッスンと分けるから。」 と部班馬場を概ね半分に区切り、その小さいほうを与えられました。
面積的に輪乗りくらいしか僕には出来ないので、丁度イイと、ここ最近の輪乗りをやりました。

常足→速足→常足の両手前テレコ。

完ぺきに自主練でしたが、そんなには悪くなかったかなぁ。
もちろん常足のコトです。

週末の天気はどうかなぁ。

2017年10月13日 (金)

乗馬クラブ勤続10年+561鞍目

10年前の本日が、ココでの初騎乗日でした。
長いような、あっという間のような、でもやっぱり10年て長いなぁ。

当時年長さんだった上の娘と一緒に行き、下の娘はまだ1歳でした。
それ以前の二十歳の頃から乗るには乗っていて、いまだに自分にはこれ以上に面白い事はありません。

この遊びのドコが楽しいんだ? って聞かれても上手には答えられません。
[言うこと聞いてくれないトコ] っていうのが一番語弊の少ない感じですが、それでは全く他人に伝わらないとも思います。

本日も前回の続き

[先生] には逃がすなと怒られ・ジョーには苦しいと怒られ、その真ん中が見付けられずに迷子のままです。

頭を上げられるのも・巻き込まれるのももうイヤなので、とりあえずチキって緩めで乗りました。
低伸はするけど、当然にやや伸び勾配でした。結構チェックが入り、そのたびにジョーに下げてもらいました。

グズり始めると時間が掛かりますが、今日はそれでも結果は必ず出せました。
「基本が緩いのは良いんだ。その中で求める時にしっかり求めろ。」

速足からの常足移行時に頭を上げられて最近苦しんでいるのですが、本日は上手くいったのも何度かありました。
ただ、あの時どうしたから上手くいったのかが理解できないままです。

「駈足も速足もまったく悪くない。とにかくオマエは走っている時は良い。」
「あとは常足でのコンタクトの取り方だな。」

2017年10月12日 (木)

V50 セルフオイル交換-3

オイル交換の3回目。 備忘録です。

86,386キロ。

オイルしか入れなかった前回と違い、今回はワコーズも入れました。
第1回と同じです。

タイヤ交換は、まだ良いかな。

2017年10月11日 (水)

乗馬560鞍

さらに前回の続きです。

最初は超イイ。 やりたい調整がピタピタ決まり超従順。 この後に頭を上げられるなんてミジンも思えない。
続いての早足も超イイ。 なんて素晴らしい収縮と歩様。

でも、そこからの常歩移行からヤラレ始めるのもいつもと一緒。 過去に散々ヤラレた時も、この最近の数回も。
今日も苦労しちゃったなぁ。 そして答えは今日も見えず。

本日は[先生] が、まったく・何も言いませんでした。 ただ見てるだけ。

それが意図する事は分かった為、過去の技術的な教えや自分の乗り方の欠点を、覚えている限り引き出して黙々と乗りました。
そんなつもりは無かったけれど、途中から苦しくって嫌になってるんだろうとは予測した為、それこそ手を変え品を変え。

レッスン後に、「今日はワザと何も口を出さなかった。今のオマエには必要な事だと思う。早く自発的に気が付くと良いんだがなぁ。」
「今日のオマエを見ていて、口を出したくなるような箇所は無かった。自分の反省点を改善しているのが分かった。」
「また、色んなアプローチを行っていて、それでどういう結果を出したいのかも見ていて分かった。 悪くないと思う。」

「考え方は悪く無い。乗り方も悪く無い。技術的には問題無い。 その上で、今オマエに欠けてるピースは何なのか、ちょっと自分で答えを探してみろ。」

こういう言われ方はキツい…。
ボロクソに言われた方が次回に夢が持てます。直せさえすれば良いんだから。

2017年10月 9日 (月)

乗馬559鞍+ニョーボ

さらに前回の続き。本日は早足が半分。

「ほら今、手綱が二センチ伸びた! そういう勝手な事をしているから馬に逃げられるんだ。」
「さっきから、手綱の長さが左右違うままで乗ってる事にオマエは気付かないのか? そういう事に無頓着のまま乗るなんて一体どういうつもりだ!」
「早足と常歩ではコンタクトが違うんだから、同じままで乗って良い訳無いだろうが!」
等等、きっちり追い込まれました。

外方が緩いんじゃ無く、右が緩い。
これは今日気づいた事です。 だらしん無い。

それと、「今の停止時にオマエの指が開いていた事が、そもそもオレには理解出来ない。それで逃げられるなんてまったく世話無ぇなぁ。」
と、確かに握るべき箇所(逃がしちゃいけない箇所) でも手が開いていました。
拳を強く握りしめないよう意識していたら、この頃こういう事になっていた模様です。 言われないと気付けない。

「まず馬にハミを引っ張らせるって結果を出す事は前回やったな。次にコンタクトの強さはいつも左右均等を心がけろ。」
「その上で、拳はいつも強いも・いつも弱いも両方ダメなんだ。いつでも馬と会話し続けろ。ずーっと同じなんて有り得ない。」

ニョーボはこの次の枠。
あのおっかない馬(N)を、今日は上手く待たせて乗っていました。

P_20171009_112513

あの馬であのくらい乗れたら、結構イイと思います。 [先生] の評価も高かった。

2017年10月 8日 (日)

パラグライダー&富士花鳥園

三連休中日に娘二人をパラグライダーに連れて行きました。 体験タンデムってヤツです。
ANA とパラセーリング(長女二女)以外、マジの空飛ぶヤツは初めての体験です。

2017_1008_124152

ボクは20代後半に少しやっていたのでオミット。
一緒に上まで付いて行き、写真係です。

2017_1008_124219

2017_1010_195259

今回はスカイ朝霧さんにお願いしました。
斜面からでは無く、高低差数百mの崖から飛んでくれるので、経験上ここが一番です。
浮いた次の瞬間から既に空をを飛んでいます。

2017_1008_122518

2017_1008_123207   

下の娘と飛んでくれた女性は世界チャンピオンだとの事で、条件も良かった事だしホンキ出せば数時間飛び続けるくらいは余裕でしょう。
が、まぁ十数分の飛行体験でした。

二人共喜んでいたので何よりです。

2017_1008_124543

その後は近くにある富士花鳥園に連れて行きました。
掛川は覚えて無いくらい行きましたが、こっちは初めてです。

2017_1010_195418

2017_1010_195422

経営が同じなはずですのでコンセプトは一緒ですが、施設に微妙な違いはあり、そこをエンジョイしました。

エミューとか。

2017_1010_195444

こいつら (注:中隊規模戦力) を相手に、我々特務分隊 (隊長・軍曹・二等兵@わたくし) の3人は、決死の作戦行動を取ったの Death。

2017_1010_195455

他のトコではこれがカワイイかった。

2017_1008_133632

楽しんで貰えて実に良かったです。
秋の朝霧は渋滞に辟易しますが、行って良かったと感じさせていただいた1日でした。

2017_1010_195536

2017_1010_195613

2017年10月 7日 (土)

乗馬558鞍+娘二人

前回の反省会です。ほぼ常歩。早足からの移行。

「まずはハミに出せ。出ているかどうかの判断の一つは、馬の歩き方のリズムだ。」
「推進掛けて、グッて馬が出てくる時に頭を下げるアプローチをしてみろ。」
「絶対に技術で下げさせるんじゃ無ぇぞ。[下げてごらん]って言葉で、馬に頭を下げる事を選ばせるんだからな。」

もともと、今ハミに出ているのかどうかが分からないってトコがあった為、結構追い込まれました。
「今は出て無かっただろうが! そこで手綱が先行するから馬が苦しがるんだろうが!」 と、
「もう十分ハミに出ている。さっさと頭を下げろ。」 と、
「上げられるよりは巻き込ませるほうがマシだ。だが、それはせいぜい五歩までだと思えよ。」 のテレコ。

まぁ、「今日は上手くいった。」 との御言葉でしたので、結果はそれなりだったのでしょう。
[先生] の指示に従って正しい判断を具現化出来ると、馬が変わるのは自覚できます。
ただ自分一人では絶対無理で、[先生] に追い込まれた結果です。まったく馬が見えていません。

P_20171007_100822

本日は娘二人がこの後乗りました。多くて年2回の下の娘も珍しく。

P_20171007_111714

上の娘は外乗をエンジョイ出来る程度にはキープできています。

P_20171007_111718

が、下の娘は乗って無い分厳しいなぁ。

P_20171007_112023

せいぜい二十鞍目の軽早足だな。これじゃあ蓼科に連れて行けないぜー。

2017年10月 4日 (水)

乗馬557鞍

大爆死、下の下。

しばらく折り返しを付けていないのですが、本日は常足で頭を上げられる攻撃を喰らいました。 久しぶりです。
もうお腹一杯。

やればやる程にジョーの我慢が効かなくなり、悪循環に突入しました。
(分かってる、早くキメてあげなきゃ。早くラクな所に落ち着かせてやらなきゃ。)

でもストッて頭が下がっても、必ず三歩程度で上げられました。
(分かってる、俺がイライラしちゃダメ。イライラしてるのは馬のほうなんだから。)

まず推進があってナンボ、ハミに出したその上でって原則も意識していました。
低伸したのびのび常歩を入れたり、一度停止して休ませたりもしました。
でも、いよいよ何しても・軽く脚を使っただけでも頭を上げるようになりました。

「なんだか今日は難しそうだなぁ。」 と、 [先生] ニヤニヤ笑ってました。

「でもオレだったら、今からでも二歩で下げられぜ。」
「次もこんなだったら乗ってやるな。」

2017年10月 2日 (月)

乗馬556鞍

本日も輪乗り。
前半は指示のあった場所で輪乗りをしましたが、「オマエはどうも円がなってねぇな。」 と、後半はトンボでの線上でした。
確かに僕の輪乗り(及びその図形)は適当です。自分でもそう思っています。いつでも行き当たりばったりの輪です。

線を描いてもらうバージョンでは、速足まではやってるとそれなりになりますが、今日は駈足でもやってみました。
トンボの線が細い。
グダグダでした。

「お前、グラグラしてるもん。 騎座でラインを修正しようとする[考え方] は合っているが、行ってる事はダメダメだ。」
「まず自分が真っすぐ座ることで馬に行く方向を示すんだ。いつでも不動の自分の中心に、[馬のほうを] 呼び付けるんだ。 」
「つまりお前は逆だ。馬の蛇行に随伴して、自分が動く事で対処しようとしてる。」

.

「思うに、なんつーかオマエは乗り方に一々ムラがあるんだ。乱れて・取り戻すを繰り返している。 その取り戻す技術は結構高いクセに、そのまんまを維持出来ない。」
「お前くらい乗れるレベルだと普通はもっと高みで安定しているんだが、いつまで経っても訳分からんトコで苦労してるのは何故だ? 一歩一歩を大切にしろ。」

2017年10月 1日 (日)

体脂肪 2017_1001

10/1 体重 60.5㌔ BMI 21.4 体脂肪 19.6% 内臓脂肪レベル 8

9月平均値は 体重 60.5㌔ BMI 21.4 体脂肪 18.18%

.

先日こんな通知が市から届きました。
45才過ぎると健康に対する対応が違います。

S2017_0904
あと50年馬に乗りたいんだから、これじゃあ甘いなぁ。
健康年齢17才くらいじゃないと(爆)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »