« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月の22件の記事

2017年8月30日 (水)

乗馬541鞍

本日は先生に言わせば [オイ、気分良く帰れるなぁ。] の日でした。
まぁ今日に限って[先生] はそんなコト言ってくれませんでしたが、前回の教えと反省点がことごとくヒットしました。
ただ内容が良かっただけじゃ無く、意図的にやった事で結果が出たっていうのが嬉しい。 俺はやったぜ、分かっててアレをやったんだぜ感がもうハンパない。
年に一回位こんな風に思える日があってもバチは当たらないでしょう。

早足では[減却時の手首] が冴えていました。
最初に常歩で [詰めて詰めて、詰め切ったら馬が止まっていた] の練習をして、それなりになりました。
続いて早足で同じ事やって、これもそれなりでした。

途中から自分の思いより先に止まりそうになった為、脚を強めにしたら、本日は違う歩様に変わってくれました。
「まぁアレが収縮早足ってヤツだな。それなりのな。」 とのコトでした。
馬の首がどんどん近づいて来て普段より手綱のコマ二つ分短くなり、持ち直すのが追い付きませんでした。これは素敵です。

駈足も前回の反省点を意識し、よく詰める準備が出来たのでバリバリでした。
駈足出して即常歩、それからすぐ再発進の繰り返しでしたが全然破綻しませんでした。
歩様は当然良かったし、減却も決まっていました。すごい素敵。

駈足なんてこんなに難しいコト考えなくたって過去は全く苦労しなかったし、停止時からピタピタ出るのが当たり前でしたが、やっぱり乗り方なんですね。
仕事を分かっている馬に助けて貰ってたってだけですね。

とにかく今日は良かったです。
傾向からすると次回は大撃沈大会ですが、引き続き継続できると良いなぁ。

2017年8月29日 (火)

Washburn PXM100C

千手観音じゃねぇんだから、ギターがこれ以上あってもダメだろ! っていうのは承知しております。 
それぞれの場所で弾きたいので自宅の部屋と事務所とに分散させていますが、置き場も既に飽和状態です。
(他にもベースや三線など、アップしてないのが5本ありますし…)

好きなジャンルの都合上、持っているのは2ハムばかりだし、次にもし何か買うならエピフォン カジノ的な箱物 or ストラト系のシングル シャリーン的な音の物にしてラインナップの穴を埋めたいと考えておりました。

所持している電気系はどれも気に入っています。
が…、
№1 生音は良いし指板のタッチも好きだけど、アンプ通すと凄い暴れん坊。リアはとてもじゃないケド使えない。 でもこのギターはオリジナル状態のままでおきたい。
№2 安物で音も安物だけどそれほど悪くはない。色んな意味で丈夫なので助かる。コイルタップもあって結構使える。どうでも良い時にはとりあえずコレを持って出ます。 これのハードテイル(出来ればS-S-H) が欲しい。
№3 配線してない(出来ない)ので音は出ない。 興味ありそうなので上のムスメに貸しちゃった。
№4 フロントしか使わないケド見た目のイメージそのままの渋い音が出る。どうでも[良く無い] 時にはコレです。 ただ、古くてネックジョイントに不安が生じている。力が掛かると直ぐズレる。
№5 構造とスペックのわりにサスティーンは少ない。やや抜けが悪いけれど音はカラッとしていて低音も出る。 弾き過ぎてフレットの擦り合わせ・ナット交換が必要。

という状態で、結局目が行くのは代わり映えしない系でした。

ショップに№3と№4、特に№5を持ち込めば済む話しなのとは別です。

言ってみれば、
サーセン、欲しかったんです…  です。

№6 はアコギね。

ギターは売る・手放すって考えが絶対に無いので、今後も増えていくだけです。

で、

№7

Washburn PXM100C カーボンマットブラック 金 52,800円也  インドネシアmade

41w3irmgvrl

またしても2ハムですがコイルタップ付きで、そのフロントの音は結構イイ線いってます。
安モンのストラトよりずっと良い。

31eh1tta0el
細部の仕様も・ドライだけど細くない音も・ボディが軽いところもイイです。値段を含め理想的な [アシ車] 的ギターです。
特に音の立ち上がりの良さは5万円のギターとは思えない。


51bhhzppdjl_sl1200_

ほとんど№5とキャラが被りますが、もう バカ 病気だから仕方ない。

2017年8月28日 (月)

乗馬540鞍

「浮き沈みがある状態からちっとも抜け出せないなぁ。」 の御言葉どおり、本日は[沈み]のほうでした。
ただ破綻しなかったってだけで、[あんまり感] が強かったです。

その中で早足では停止の練習をしました。
「扶助で馬を止めるんじゃ無く、馬を詰めて詰めて、詰め切ったら止まっていたってイメージでやってみろ。」 と言われて、まぁやってみました。
とにかく馬を伸ばさないっていうのは大事ですね。前から感じているとおり、半減却と頭上げさせない扶助の両立は難しいです。

駈足では最近の続きをやりました。本日もグダグダでした。 中央線でやるって難しい。
左って言われると右、右って言われると左が出る確率が100%だったので、間違いなく根幹から違っている模様です。
「何だかムヤミに外方脚を引いてるなぁ。そんな単純な事で済めば世話ねぇだろ。もっと駈足発進ってものを構造的に考えろ。」

それに加えて本日思い至ったのは、そもそも準備が難しいって事です。
[駈足やるんだろ]ってイレ込んだ馬を、詰めた状態にして・でも頭上げさせないで・蛇行させずに真っ直ぐ歩かせる事がだいたい難しいです。
「次は右な。」って言われると、始めっから準備のために右に座って・内方脚で押して・当然外に行くから外方手綱でブロックして、その上で上記のコトやろうとしてるんだから馬は蛇行するに決まってる。
それだけで既に手持ちのカードを使っちゃっています。
こっちが先かなって感じました。

真っ直ぐ座って、真っ直ぐ歩かせ、駈足の扶助はココって時にスッて行うように。

2017年8月27日 (日)

乗馬539鞍

昨日の続き

右脚のムクミは気にならない程度まで引いていましたが、明日も乗るので昨日同様の軽めにしました。

早足は安定していましたが主観的にはまだまだです。 細かいトコではセルフダメ出しが満載です。
まだ練度が足りません。
それと537鞍目の時に感覚的に感じた、[停止時の手首の使い方] が今日はイマイチ見えませんでした。
かなり手綱を強くしないと馬が応じてくれませんでした。

本日は出す前の馬繋柱につないでいる際に、ネコが伸びをするような体勢を繰り返してバタバタしたり、先生が前を通ったら突っ掛かったりと、今までジョーがやった事の無い挙動をしていました。
もちろん虫がいたり、腹帯がキツかったり、鞍の位置が変だったりではありません。
夏毛が結構抜け始めたし、季節の変わり目で少し我が出たのかもしれませんが、乗って不満な時は[すべて自分が悪い] と考えるようにしているので、理由は分からないなりに本日の反省ポイントです。

駈足発進はもうグダグダでした。
右を出そうとすると左、左を出そうとすると右が出ました。それも何度も。
これも537鞍目から感じていることですが、推進に対する反応がこの数回弱い。 [今出せ]って合図を無視されるので結果グダグダ。
遊ばれてる感 ・ 態度悪い感は正直あります。

「とりあえず馬が伸びてるんだ。それで好き勝手やられてる。」 と言われ、前述の都合上かなり強い力技で詰めてみました。
結果かなりまともにはなりましたが、これは531鞍目の教えとはリンクしません。
この辺が悩む所です。

自分の乗り方が悪かったはずですが、例によって理由が分かりません。
また、[自分は教えの通りに絶対乗れている]って言い切る自信もありません。
そういう事を差し置いて馬のせいにはしたく無いので、練習と向上は必要だと切に思う次第であります。

2017年8月26日 (土)

女衆乗馬引率 + プール

この続き

本日は女衆もついて来て、ボクが乗った次の枠で乗っていました。
ニョーボと上の娘。

S2017_0826_091901t

S2017_0826_092213t

駈足も少しだけやっていましたが、上の娘は(羨ましい程に)良く座れていました。
真面目で背中が敏感な馬(A) がヤル気になっていて父はヒヤヒヤしましたが、座りでしっかりと抑えてられていました。 年に3回くらいであのくらい乗れれば上等でしょう。

ニョーボは僕の馬場鞍で乗ったらアブミが長過ぎたようです。一番短いトコにセッティングしたのですが。
久しぶりでアレじゃぁ厳しかったね。

下の娘はクラブハウスでほぼマンガを読んでいました。
いつもと同じです。

.

ジョーに人参やって終了しました。

S2017_0826_110138

その後は昼飯を兼ねてホテルのガーデンプールになだれ込み、プールサイドバーベキューをやりました。

S2017_0826_122754

ボクはすっかり慣れていますが、夏は早朝でも乗った後は相当暑いです。
アフターは水にブチ込むのが一番だと思いました。

猛暑日で馬場は暑かったけれど、プールサイドは快適です。

S2017_0826_131301

オマエはいつでもチョコアイスだな。

S2017_0826_1425061

こちらはサービス増量&練乳特盛。
長女はこの水着を買ってもらうために先週は街について来ました。

S2017_0826_142817

夏休みも終わりだね。
暑いからって閉じこもっていないでもっと遊べよ。

乗馬538鞍

昨日の金曜は、ご学友の送迎係を上の娘に申し付けられて乗りに行けませんでした。 朝夕2回。
本日は土曜日なので5時起きコースです。

今日は右トモにムクミが出ていたので軽めにしました。
駈足は出しても5歩で止める。

全体的には一通り乗ってまぁまぁでした。
どうもこの頃、ぼんやりと薄皮一枚分ですがランクが上がった感じがします。
突っ込み所はまだ満載ですが、とりあえず破綻しないで安定が続いています。

「ダメだった左が最近継続して安定している。」
「オマエの姿勢も扶助も、大きく気になる箇所が今日は無かった。」

レッスンを早めに切り上げても別に良かったのですが、その代わりに後半はただの常歩で長く歩かせました。
土曜なので、馬を洗うついでに患部を水でよく冷やしました。
そしたら馬房に戻す時にはムクミは引いていました。

明日ムクんでいなかったら、多分駈足で537鞍目の続きをやるんじゃないかって気がします。

2017年8月23日 (水)

乗馬537鞍

「早足は良し。」 という一言が本日レッスン後のコメントでした。
今までに無い・新しい言われ方なので 、(だいたい簡潔過ぎるし) 含意が明確ではありませんが確かにダメではありませんでした。
発進・歩様・停止・回転運動の全部が、両手前ともイイ感じ(注:自分基準) で安定していました。

今日は特に手綱の操作がキマっていたと感じます。
頭を下げるアプローチで何か掴んだ気がしますし、鬼門の停止でも[あぁ、手首ってこう使うんだ]っていう感覚が、結果を伴ってチラッと見えた感じです。
長い事悩んでいる宿題なので、まだ小さなカケラですが自分にはとても大きな成果でした。 この感じを膨らませて行きたい。

駈足では、中央線を真っ直ぐ歩きながら[先生]の指示で 「ほい右出せ。」とか、「ほい次は左だ。」っていう発進をやりました。グダグダでした。
でもすごく面白い。 とても面白いけれど難しい…。

手綱が冴えてた代わりに、今日は脚がイマイチだったのが敗因だったと思います。「今日のオマエは脚の位置が安定していなかった。結果、馬に推進が伝わりづらく弱かったな。」
「脚を正しい位置で使うからこその馬の反応、その上で外方脚を引いて使うからこその馬の反応。そういうシステム的な事をオマエは全く理解していない。」

とにかく、これは是非とも出来るようになりたいです。 面白いもん。

2017年8月21日 (月)

乗馬536鞍

本日は 「絶対に伸ばすなよ ゴルァ!」 の日でした。
徹底的に、もう テッテー的に移行。

もちろん100点にはとても届きません。 左騎座・外方手綱・ふくらはぎ等、細かいダメ点は指摘されなくても自覚できます。
でも、全編通してまぁまぁでもありました。安定感は結構高かった。
歩様も良かった。自己採点69点。

注意すべきは (沢山ありますが)、外方手綱と内方手綱のバランスだと本日は強く感じました。
弱い瞬間的な操作を心掛けておりますが、アンバランスなままで全体をそうしているみたいだと思い当たりました。
外方が抜けていれば、いくら内方手綱を優しくしても相対的には強く掛かってしまう。

内方脚や騎座がイマイチ効かない時はそのせいな気がします。
意識してなくても、内方手綱が効いてる時間が長いのかもしれない。
[内方姿勢]と[頭下げさせる]って呪縛に捕らわれているのかもしれません。

2017年8月19日 (土)

【映画】打ち上げ花火がなんとかってヤツ

下の娘の 命により リクエストで、この後から昼に戻って連れて行きました。

上の娘の おねだり 買い物もジョイントされた為、ムスメ上下2人と父とです。
こういうのはオトコと見に行けっつーの。

おとーさんは5時起きで馬乗って・馬洗って、帰って来てそのまま昼めし食って・馬汁流して街に繰り出しました。

学生の夏休みを描いた映画でした。
ポップコーン食い終わったら即やる事無くなり、別の世界で別のモンを見ていた都合上、映画の内容は分かりません。

見に来ているのは男の子が多かった。

乗馬535鞍

531鞍目の続き

まぁ1ミリも進歩が無いって程ではなかったけれど…、むーんって感じ。

頭を下げさせるアプローチをまだ完全に理解できていない感じ。
苦しくなると、体を傾けて凌ごうとする感じ。
左座骨に乗れてない感じ。

2017年8月18日 (金)

乗馬534鞍

前回比で、対外評価ではやや出来が悪かったかもしれません。
が、主観的には多分あんなモンです。 [先生] だと要求高いし、チェックも厳しいし。
ついでにもう一つ言い訳すると、本日はフリーライド[障害] とのタイマンでした。安心して乗れる場所なんて馬場のドコにもねぇよ。

練習にはなりましたが、銃弾飛び交う中で車庫入れ教習を受けている気分でした。
常に周りを気にしていなければならなくて集中も欠いたし、馬も当然緊張していました。
だから細かいトコは、本日に限り大目に見てやっても良いと思います。

本日思った事は、今まで[先生]の指示に全面的に従って乗って来ましたが、ちょっと待ってくれっていうのもアリかなぁって事です。

早足に入って少しした頃に、内方脚に対する後躯の動きが鈍いと感じました。
駈足発進も最初はピタピタとかなりキマっていましたが、前述の理由で馬が途中から緊張し出してまとめきれない時が何度かありました。
あの場面で少し調整したかったと感じました。

前回自分のペースで乗ってみて、ああいう場面では[ちょっと待ってつかーさい。少し調整したいであります。] って言えたほうが良いのかもしれないと思った次第であります。
こんな場面にはどうすれば良いのかが見えて来たのも、[先生]のご指導あっての事ですから。

2017年8月16日 (水)

乗馬533鞍

[先生]お休みで、別の先生に見てもらいました。 ほぼ何も言わずに自由に乗らせて下さいました。
なのでチョロチョロと普段の感じで一通り乗り、やるコト無くなったので20分くらいで終わりました。

全体的に悪くありませんでしたし、先生も、
「今日はとても良いと思うよ。 折り返し効かせずにずーっと姿勢が良かったし、背中が柔らかかったので歩様も良かった。」 との事でした。

まぁそうでしたが、でも乗っている最中に耳元で、
「あっ! オマエ今、手綱から先に行きやがったな。」 とか、
「また腰で漕いでるぞ。」 とか、
「今の駈足発進は全然なってねぇだろう。」 とか、
「何だその中途半端な停止は!」 などと[先生] の声が聞こえる場面が何度かありました。

従って自己採点61点。
つまずく箇所は無かったので練習を早く切り上げられた事は評価出来ますが、まだまだ精進が足りません。

2017年8月14日 (月)

【この夏】乗馬532鞍【乗馬を始めました】

この時期限定って事で、[先生] に特別に許可いただいた6日連続騎乗も最終日です。
昨日の続きです。 感想はやっぱり昨日と同じだなぁ。

前半は結構ガマンが出来てまぁまぁでした。[先生] の評価も悪くありませんでした。
でも後半に、馬が内にもたれ始めたトコから[御札] の効力が飛びました。 自分の乗り方とは真逆なため、とりあえず自我を出さぬようスイッチを切って乗っています。
でも結果、馬が乱れ始めた時にどういう対処をすれば良いのかが全く判断できません。

今ご指導受けている内容は、今までの自分の乗り方とは根本が違うと思います。
私の乗り方は乱暴です。 って意味じゃなく言葉どおりの意味で。

多分傍目からは何やってるのか分からなくても、ワザと馬を緊張させてそれでピリッとさせたり、強引に前に出させる乗り方を今でもしてるんでしょう。 若い時に調教なんてやれなくて、動かない馬を無理やり走らせるために編み出した [姑息な小細工] です。
俺をなめるなよって、馬と喧嘩しながら乗って来た毒素がいつまでも抜けないんでしょう。

[先生] の教えは 「緊張してる馬が良い動きをする訳がない。」 ですので、方向の革命的な転換が必要です。
今日からお前のパートはギターじゃなくマリンバな。 って言われたらこんな感じでしょうか。
俺たちハードロックやってんじゃん、マリンバって何だよ。マリンバ触ったコトも無いよ。 週末ライブだよ! みたいな。

.

もちろん、やりますけどね。 本日が乗馬の2鞍目のつもりで。
[この夏] から乗馬を始めたんです、みたいな気分で楽しく。

2017年8月13日 (日)

乗馬531鞍

昨日の続き。

要点がどういう事だったのかは覚えているので、昨日の終盤くらいの感じは最初から出せました。
「まだまだだが感じは出ている。昨日言った事はとりあえず気にしているみたいだな。」

まぁ許してやるかってくらいにはなっていた様で、常足は10分程度で速足へと移りました。「今と同じように乗れ。」
「リラックスして頭を下げた状態の、何てこと無いただの速足で輪乗りを続けろってだけだからな。 扶助はほとんどいらない。緊張させる動作は全くいらない。」

そんな中で歩度を詰めたり、時々軽速歩にしたりを繰り返しました。
正反動の時、「また腰で漕いでる。」 を指摘され、そこも修正しました。
「この程度の運動で人馬ともにストレスを感じるようじゃぁ、そもそもダメなんだ。 まずはオマエがラクに乗れ。何にもするな。」

少し甘めの自己評価ではありますが、そこそこにはなりました。 でもコレは怖いなぁ。
乗っていて凄く怖いです。扶助を使うのが怖くなります。
[最小限の扶助を0.1秒だけ] って指示は、その使いどころが分からなくなります。
オレは今後どうやって乗って行けば良いんだろう? って考えるとマジでホント怖い。

馬の反応を見て、[今か?]っていう気持ちと [今はまだ違う。]っていう気持ちの葛藤が生じ、結果、先生の叱責の助けが無いと後手後手のグダグダになります。
[先生] もそれは思ったようで 「しっかり自分で考えろ。」 と言われました。

「オマエは追い込んでやると結構やれるんだが、まだ馬が見えていない。」
「馬が乱れそうな瞬間だけを潰し、後はラクに乗ってやるんだ。 馬と対話し続けながらな。」

2017年8月12日 (土)

乗馬530鞍

連続騎乗も4日目となった為、常歩だけにしました。
でもしっかりシゴかれました。 The 常歩ー停止でした。

最初にしばらくやってみて 「むーん、何か違うなぁ。」
その後続けるも、「まだ違う。→それじゃぁ違う。→それじゃぁダメだな。→オマエって全然ダメだな。」 に変化しました。
またしても 「オイ ちっと代われー。」 まで行きました。

レクチャーをみっちりやって下さった後、「じゃぁ今と同じように乗ってみろ。」 で再び騎乗しました。
やった事は、先生の周りを延々と輪乗りしながら普通に常歩→ゆっくりの常歩→そのまま停止するの繰り返し。もちろん頭を決して上げさせないっていうのが条件です。

「内方拳を下げて手綱を使っている。」 を何十回と言われました。 「その使い方は馬に反抗して下さいって言ってるようなもんだ。」
「両方の脚で馬体を支えていない。」 もその半分くらい。 「狙ったコースを歩かせるのは手綱の仕事じゃ無い。」
そして「扶助が強過ぎるんだ。」 と。

「普通に常歩させて、それをただゆっくりにして、そのまま止まるってだけだぞ。扶助したって分かるような扶助はそもそも必要ないんだ。」
「脚を使う時間は0.1秒で十分、手綱の強さも10段階の0.1から始めろ。」

数秒に一回のペースでダメ出しが飛んで来る中で、延々と練習しました。
最後に少しはマシになったようで、そこで終わりました。
ちょっとまだ整理出来ていませんが、[力なんて入れるほうがおかしい] って乗り方になるよう、一生懸命努めはしました。

明日も同じ事をやれと言われたら、半分くらいなら時間を省略できる気がします。
ただし、やるのがこれだけって前提ならばね。
他の事を言われたら全部ブチ壊してしまいそうです。

今日乗っていて、[これじゃぁ馬が伸びた時にはどう対処すれば良いんだ?]って思いが頭から抜けず、[先生]のお言葉を受け入れるのに時間を要しました。
[先生]の教えは盲目的に信じていますが、自分の乗り方を信じていません。

2017年8月11日 (金)

乗馬529鞍

昨日の帰りに、「オマエ確かもう一つハミ持ってたよなぁ。ちっと変えてみようぜ。」 と言われました。
どちらもごく普通のタイプの一番安いヤツですが、やや細めの方を今までジョーに使っており、次からはやや太めの方を使ってみようって事です。
「細い方は、今後ハミに抵抗し出した時の保険にしよう。」

そういう訳で、チェンジしたハミの具合をチェキするため先に乗ってくれました。
別に特殊なヤツに変えた訳ではないので大丈夫なのは分かっていましたが、何故か斜め横足をみっちりやり出し、そのレクチャー付きでした。正式に教えてもらったのは今日コレが初めてです。

注意点は手綱でどうにかしようとするなって事と、固い方は角度が浅くても良いから無理に行かせるな、絶対に守るのは馬体は必ず真っ直ぐにって事でした。

これ以上抱かせる石を増やさないでくれって思いましたが、[やれ]って事だと思いましたのでやりました。
馬体を真っ直ぐっていうのが難しいです。今後しばらくやり続けようと思います。

ちっとも及第点に至らなかった為、「チッ もういい、早足出せ。」 でそちらの運動に移りました。
コレは昨日に引き続き悪くありませんでした。 多分、全然悪く無い。

でもそして、最後の駈足で発進がグダグダなのも昨日同様でした。
もう全然ダメ。「何だ、何やってんだ。」 の連続でした。

「オメーの乗り方が悪いんだ、さっさと自覚しろ。」
「だいたいグー角で強い内方姿勢取らせてる時に反対出すって結構な高等技術だぞ (怒)。 馬鹿だろオマエ、もう絶対馬鹿だろ。」

2017年8月10日 (木)

乗馬528鞍

[世間一般の休み] にチャッカリ便乗してこの週末は回数多く乗れるため、馬を気遣いスローペースで乗りました。
ジョーのフィジカルは(馬鹿みたいに) かなりタフなので、ホントは師弟ともに全然大丈夫だと思ってますがまぁ一応。

ボチボチ乗って、ボチボチ良い感じでした。早足はかなり良かったです。
前述の理由により、(苦手な) 軽早足を多用しましたが安定感は結構なものでした。
[先生]も、「さっきからの(オマエが馬鹿みたいにヘッタクソな) 軽早足は良いと思う。今日は(馬鹿みたいなオマエにしては) 乗れてる部類に入るだろう。」との事でした。

ただ、(少しだけ様子を見よう) と行った駈足発進で地雷を踏みました。全然ダメでした。
発進前に伸ばすから反対が出るパターンと、自分の扶助が悪くて反対が出るパターンの両方を喰らいました。

「発進の際に馬の後躯から来る波をしっかり受け止めろ。オマエはまだ随伴が(馬鹿みたいに ) 先走る時がある。 」
「あと、アチコチ馬を見て確認するのはもう止めろ。 オマエはそのせいで姿勢が崩れる。扶助に響く。」

馬の反応のいちいちを目で見て確認するんじゃなく身体で感じろっていうのは、フレット覗き込まないでギター弾けっていうのに匹敵する気がします。
直ぐには出来る気がしませんよー。

2017年8月 9日 (水)

乗馬527鞍

台風のせいで月曜日は乗れませんでした。

今日は一通り乗ってまぁまぁって程度かなぁ。
取り立てて良くも無く、でもキツくダメ出しされる程に悪くも無くって感じです。

終盤の移行を絡めた駈足の後に、512鞍目同様の前が強い・プチ緊張気味に馬がなりました。
とりあえず早足で修正は出来ましたが、個人的にはちょっと時間掛け過ぎだったと反省しております。
正直言って行き当たりばったりだったせいでありますが、でも結果として[コレ]が出来た時は[先生]は比較的良い点をくれる傾向があります。

「今日は早足から悪くなかった。停止でコンタクトが外されず、運動がつながっていた。」 ってトコまでは謹んで頂戴いたします。
でも、「前より余分な扶助が少なくなっており、馬に何をさせたいのかが分かりやすくなっている気がする。」 は、まったく自覚ありませんし、もはやホメ殺しです。
今度そうじゃ無い時に、必ずボロクソに言われる原因になるから絶対ヤメてくれ。

2017年8月 5日 (土)

乗馬526鞍

本日は部班馬場で3人フリーライドの日でした。
昼間で暑いし (仕事があるので平日は夜専門です。) 他の方の邪魔にならないようにボチボチと乗りました。

ほとんど常歩で乗り、[先生]の注意が他の方に向いてる時を見計らって(w) チョロチョロと駈足出しては即正反動ー停止などをしていたのですが、実はばっちりチェキされていました。
「オメー、頭を下げさせる動作が多すぎる。そんな事じゃ全然ダメだな。」
「それと駈足だけでは飽きたらず、最近じゃ正反動でも腰で漕いでいるな。真っ直ぐ座って真っ直ぐ体重を落とせ。それ以外何にもするな。」

本日は[座り]にご指導いただきました。多分ワタクシは後ろにぶら下がってるって事ですね。
どうも鞍に接しているお尻と、騎座の一部だという膝と、その下のふくらはぎとの位置関係が整理出来ていないと思います。
どっかを意識(最近は主にふくらはぎ)すると、他が犠牲になるみたいです。精進が足りません。

その後、他の方があがった後で駈足発進の居残り特訓付きでした。
「馬が走り出すまでじっとしてろ。オマエはその前に先走るから馬が不快に思うんだ。」
「オマエが合図をして馬が理解した後、馬はグーっと後躯に力を貯める時間が必要なんだ。一歩目から良い駈足をさせるために、その時間を大切にしろ。オマエはただじっとしてろ。」

2017年8月 4日 (金)

乗馬525鞍

本日は不安定で苦労しました。 自己評価10点満点中2点。
久しぶりに途中で 「ちっと代われー。」が出ました。

折り返しは今日は付けなかったのですが、そういう次元でなく要は[乗れてなかった] 日だったと感じます。
馬にわがままを出させる程に、自分がだらしない乗り方・バカにされる乗り方をしていたに違いない。

明日再チャレンジです。ただ根拠が全くありませんが、何故か明日は上手くいく予感がします。
そしてそれに悩むと思います。

2017年8月 2日 (水)

乗馬524鞍

本日そんなに悪いとは思いませんでした。 例によって、その理由は分かりませんが。
ちょっと[横に押す脚]が弱いかな、と感じたくらいで結構安定していた部類だと思います。

しかしそうなって来ると、[先生]的には停止で頭を上げられるのが面白く無かったようで、その特訓となりました。
つまり本日はダメ出しの嵐です。 ただしつこいですが、主観的には全然悪くありませんでした。そもそも僕のレベルはこんなもんです。
まぁ、この展開のほうが面白いので別に良いのですけど。

「途中までは良い。 でも最後の最後にオマエは馬を逃がしてしまっている。だから頭が上がるんだ。」
「手綱は引っ張らないけれど、逆に譲りもしないんだ。オマエは馬が止まる最後の瞬間に、ピッって手が伸びるのが見える。」
「毅然とした壁を馬が止まったまで保ち続けろ。その中で手首と指を使って馬の口をほぐすようにしろ。」

あぁぁ、難しいっすねぇ。
しかも、足が揃わないとそれも超ダメ…。 これがまた厳しい。
どっちかで勘弁してくれねぇかなぁ。

まぁ、本日はどれだけ手に力が掛かって来ても許しちゃダメだって事は学びました。例えそれが相当強い力であってもね。
背中でガッチン止めて、手首は柔らかくってイメージかな。
多分、手首が固いんだよなぁ。

2017年8月 1日 (火)

体脂肪 2017_0801

8/1 体重 61.3㌔ BMI 21.7 体脂肪 17.7% 内臓脂肪レベル 8

7月平均値は 体重 61.3㌔ BMI 21.7 体脂肪 18.45%  まで戻って来ました。

去年同時期の数字と比較しても、体重は多いのに脂肪は減っています。
今年の勝ちです。

ヨシヨシです。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »