« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月の21件の記事

2017年7月31日 (月)

【ジョーと】 乗馬523鞍 【1年】

去年の8月1日が事実上のスタート日で、これで1年です。

ウマは自爆的怪我の多いバカ野郎で、ヒトは一向に改善出来ないバカ野郎ですが、とりあえず今日も乗れます。
それが何よりありがたい事です。

.

今日は結構良かったです。 鬼門の左手前でも頭を上げられるコト無く、反対が出るコトも無く、安定していました。
でも、もうコレを何とかしたい。良いも悪いも理由が分からないっていうのを。

時々すごく良い時があります。
そーかそーか、こんな感じかぁと大事にそのイメージを持ち帰り、次に同様に乗ると大爆死。
気持ちの整理ができないまま、その次に乗ると今度は悪くない。
頭の中がハテナだらけになります。

ケド全然分かりません。気配すら掴める気がしません。
どうすりゃ良いんだろうなぁ。

「今日は良かったぞ。左手前全般の運動もそうだが、駈足-停止が悪くなかった。」
「次回が見ものだな。オマエは良かった時の次のレッスンが大抵ダメダメだからな。 良いを連続させてくれ。」

2017年7月29日 (土)

乗馬522鞍

「おい、昨日は良かったなぁ。」 とプレッシャーを掛けられてから乗りました。
確かにあれが毎回出来れば、明らかに今までと違う場所に立っていると心から思えるのですが。

でも今日はあんまりでした。
昨晩みたいな馬の姿勢と歩様は結局出せませんでした。あれから12時間しか経って無いのに何が違うんだろう。

「馬のリズムと右手前の運動は悪くなかった。」
「でも、左で速足から頭を上げられがちだったな。だからそこから先に進められなかったんだ。」

オレのどこが昨日と違ったんだろうなぁ。
それが分かるようになりたいなぁ。

2017年7月28日 (金)

乗馬521鞍

前回の続き。
改めて折り返しを付けました。

本日は自分の力量の中では良かった部類だと思います。ハミ受けが終始安定していました。
まぁ[補助輪]付いてるから当たり前だろうと感じて乗っていましたが、それでも良いは良い。
ダメな時は、何をしたって・どんな助けがあった所でダメなもんはダメですから。

「なかなか良かった。今日は馬をリラックスさせて乗っていたな。」
「結果馬の歩様も良かったし、第一あんな感じで乗れるとミスが出にくい。」

もちろんモノ凄く集中して・いっぱいいっぱいで乗っているのですが、今まで気にしていた沢山の自己課題がこの頃無意識に具現化出来ている気がします。
集中してるけど、いちいちは考えていないって感じ。

これの練度を高めて、[身体に染み付いた自分の乗り方]ってトコまで持って行けたなら、気持ちに余裕が出そうです。
馬の声を聞く余裕が早く欲しいです。

2017年7月27日 (木)

ラフティング

最近あんまり暑いのと、去年の四月から抱えていた大きな仕事が今週やっと終わった区切りで、夏休み中の娘を2人連れてラフティングに行きました。

全員初めてです。
ゴムボートでの激流下りで、[むやみに]みんなでパドル上げてイェー! って叫んだり、突然[わざと]転覆させられるってイメージしかありませんでした。

今回は老舗のナチュラルアクションさんにお願いし、場所は富士川です。
家族3人でボート1台貸切、そこにガイドさんは2人乗船という贅沢仕様でした。

S39_large

前日の雨で増水していて、グッドコンディションでした。

S50_large

S12_large

.

流れの緩やかな場所では、飛び込んだり

S110_large

ぶら下げられたり

S122_large

S129_large

S133_large

滑ったり

S134_large

ジャンプしたり

S141_large

滝行したりしました。

S138_large

楽しい時間を過ごせました。
次に行くときはバーベキューも予約したいね。

サンキューMr.マンドゥジ。サンキューMr.ライネ。

2017年7月24日 (月)

乗馬520鞍

「オマエさぁ、折り返しタルタルでも結構大丈夫じゃないか?」
「ずーっと補助具に頼るのはダメだぜ。いつまでも付けとくモンじゃ無いからな。」 と言われました。

大丈夫そうでしょうか? と聞いたら、
「まぁ分かんねぇけどな w。 ダメならまた付ければ良いじゃん w。」 と、ドSのトラップ感が満載でしたが、腹をくくって久しぶりに外してみました。

個人的には518鞍の続き512鞍の続き あたりの練度を高めたいと感じておりますが、本日は後者のほうでした。

「オレが予想したほどは逃げられず、まぁまぁだったな。」 との事でした。
前半のコメントが引っかかりますが…。

まぁ、御言葉どおりだと思います。
駈足も良かった。早足も良かった。 悪くない歩様でした。
ただ駈足から常歩への移行と、全停止では頭を上げられました。

直ぐに修正というか立て直しは出来ましたので、凄く悪くは無かったですが、「そもそもその場面で逃げられるな。」 という事でしょう。
安定感が足りなかったのは自覚しておりますので、再び次回から折り返しを装着します。今後10回に1回くらいで外してみるコトにします。

2017年7月23日 (日)

【映画】 銀魂

この時のお約束の第一弾を果たしに下の娘と行きました。

このマンガの事は知らないし、だいたい話しの筋なんて無い同然の映画でしたが、面白かったと思います。
[出演者がノリノリで楽しそうにやっている。] と思わせるパターンの演出でしょうか。

もっとも、どこが面白かったのかも既に思い出せませんが、少なくとも見ている間は退屈しませんでした。

例によって予告編により、12月上映の【鋼の錬金術師】 の予約が新たに入りました。
これって絶対無限ループですね。

2017年7月22日 (土)

乗馬519鞍

ジョーに騎乗する際に、「昨日はオマエ来れなかったから代わりに乗ってやったわ。」 と言われました。
「なかなか柔らかく良い状態だった。オマエの最近の乗り方が出ているのだろう。結構な事だ。」 と誉められました。

そう…。昨日は来れませんでした。
就任祝いとやらで17時宴会スタートの帰宅は4時過ぎ。1時頃にマジックバーに入ったトコまでは覚えているけど、その後はもう…。

そういう訳で、本日は暑さが身体にとても堪えました。馬装が終わった段階で、残HPはゼロ。
乗った直後からめまいと頭痛が始まり、帰宅するまで続きました。
レッスンは良く覚えていません。間違いなく暑さに当たりました。

まぁとりあえず馬は洗えたからイイか。
帰ってビール飲んだら治りました。(爆)

2017年7月21日 (金)

宣告日

これの死刑宣告が本日午後からの会議で行われます。

そのため本日は馬に乗りに行けません。迷惑な話です。

.

今夜はエンドレスで飲まされるんだろうなぁ。
明日は乗りに行ける状態だと良いなぁ。

2017年7月19日 (水)

乗馬518鞍

本日は馬を出して常歩で二周歩いたら、
「さぁよし! 今からエンドレスで馬場の真ん中をまっすぐ歩け。」
「そこで馬の首だけ左右に曲げろ。馬体は真っ直ぐだ。蛇行させたら承知しねぇぞ。」 でした。

しかも、「オレが手を叩くリズムに合わせて馬を歩かせろ。そして四歩ごとに左・右を繰り返せ。」
これは苦手な難しいヤツです。テイセキならラチの助けを借りてなんとかなりますが、今まで一度だってオッケーが出た事ありません。

最初は苦労しました。もちろんバッチリ蛇行するし、馬のリズムも一定に保てない。
「オマエの乗り方が悪いんだ。力は要らないんだ。拳を肩幅に開け。」
「使うのは肘と柔らかい手首だ。腋を開けるな。右に倒れるな。」

そんな感じで練習を重ね途中から正反動に移りましたが、最終的には結構それなりになりました。
確かに力は要らない。何て言うか、自然に乗れると自然と出来る感じ。
見えた!っていうトコまでは全然至って無いので、継続して反復練習ですね。
やるコト増えたなぁ。

「シビアにやると見た目ほど簡単じゃ無く、馬にも騎手にも効果的なトレーニングだ。オレが乗る時もほぼ毎回やっている。」
「最初全然ダメでコレは乗り替わりか?って思ったが、自力でそれなりのトコまで持って行けたのは実に結構だ。これの感覚を早く掴め。」

2017年7月17日 (月)

乗馬517鞍

全日本での [先生] の結果は良く、クラブでキャーキャー言われていました。
大変おめでたい事です。 実力が違うもの。

本日も軽く駈足を入れて、移行を中心に練習しました。
悪くはありませんでしたが、「手綱が長い。」 を何度も言われました。
「せっかく詰めた馬体を簡単に伸ばしてしまい、それをまた回復させるってムダな作業を繰り返している。」

難しいよなぁ。
「頭を上げさせるな・毅然とした壁を作れ・馬をもっと丸めろ・でも楽な瞬間を作ってやれ ・ そして、頭は絶対に上げさせるな。
どうするのが丁度良いのか分かりません。 ちょっと馬からのコンタクトを強く感じると、そこはツッパルべきなのか・譲るべきなのかの判断が付きません。

今までのように手綱いじくって何とかしようとするのでは無く、脚でコンタクトをコントロールする・背中でそれを受けるって乗り方に自分がシフトしている感は出てきました。 最近大きく破綻しないのはそのせいだと思います。
でも次の課題は、良く分からないなりにもうチョット乗り込まないとダメかも。

2017年7月15日 (土)

全日本馬場馬術大会 2017

[先生] が出場するので見に行きました。
競技には興味無いけれど、[先生] が本気出して乗ってるトコを一度見てみたくて。

本日は予選です。

.

競技場は素晴らしい施設でした。明るくって清潔でした。

S2017_0715_103520

一方、[先生] はいたって普通。 厩舎での態度も乗ってる姿もクラブにいる時と変わりませんでした。
そういう意味で、今回 [見に行ったから得られた] ものは特に感じませんでした。普段の馬場のほうが近くで見られる分イイや。

正直もっと良い馬はたくさんいましたが、練習馬場で同じ格好の人馬が7人くらいいて、それを遠巻きにも一目であれが [先生] だな、と分かるトコはさすがだと思いました。 馬はさておいて騎手のエレガントさが違う。
その出番だけ見たら、挨拶だけしてさっさと帰って来ました。

.

他の人の演技も・ [先生] の順位も僕にはどうでも良い事なので、明日の決勝は行きません。
他人が何番にしようとも、昔からオレの中では [先生] が日本一だって決まっていますので。

2017年7月14日 (金)

乗馬516鞍

先生は試合の為、本日から3日間お休みです。
この辺の続きをやっとけ。」 との事でしたので、やりました。 あまり上手に行きませんでしたが。

予想はしていましたが、ありがたい事にジョーは治っていました。
少し駈足も出してみて、先生に「柔らかいしリズムも良いわ。」と誉めていただきました。

早足は、まぁハミ受けは良かったけれど、全体的に伸びてたなぁ。 低伸しっぱなし。
今日は脚がイマイチだった感じです。
ここがキモなのに。

当然先生もそう感じたようで、「良く頭は下がってハミ受けも良かったけれど、もう少し丸めたかったわね。」 と指摘されました。
「先月見た時(504鞍目) と比べれば十分過ぎるくらい向上してたけど、次のステップとしてはもうちょっと詰めて行きたいわね。」

コンタクトは手綱でコントロールするんじゃ無く、脚でコントロールする。
それを受けるのは拳じゃ無く背中。

2017年7月12日 (水)

乗馬515鞍

馬装してたら厩務の先生に、
「今日の放牧、駈足で戻って来たわよ。途中で見事な踏変を入れて、一体どこが悪いんだろって感じだったわ。」 との事でした。

その後[先生]が登場し、「聞いたか?」 と。
はい、と答えると 「ちょっとチェキしてみるか。」 とカンシを持ち出し、マジックでしるしを付けておいた痛いトコを挟みました。
→ 痛がりました。
「むーん、まだ痛いなぁ…。 まぁイイや、乗って様子を見ようぜ。」

でも、ありがたい事に快方に向かっていました。
早足も真っ直ぐだと全然違和感ありません。 カーブで加重が掛かった時に、少し気になるくらい。
なので早足までで最近のおさらいをやりました。
常歩停止、その後早足停止で、足を揃えさせて止めるやつ。

もちろんまだまだですが、どうすれば足が揃うのかが少し見えました。
この頃指摘されていた色々な事は、意識しないでも結構改善出来ている感じで、気持ちに余裕があります。
この方向で練度を高めたいです。

「そんな所ではもっと楽に乗ってやれ。」 が今日は結構出ました。
この辺も課題です。 求めるばっかじゃ無く、緩急。

「馬がハミを引っ張っている分しか、乗り手はコントロールする事を許されないんだって事を再認識しろ。」
「騎手が手綱を使って良いのはその範囲の中だけだ。」

2017年7月10日 (月)

乗馬514鞍

馬場に出たら、まず軽く常歩するでしょ?
その後、ちょっと様子見ながら馬に色々要求してみるでしょ?

そこまでは良かった。今日のオレの脚はなかなかイケてるぜって感じました。
何故か今までと違い、凄くイイ感じでした。

で、早足出したらいきなりビッコ…。
開始3分、即中止でした。

足や馬体には特に異常を見つけられなかった為、ヤットコのデカいのを持ち出して右前足の蹄に色々やっておられました。
結果、[先生] の診断は 「放牧で石踏んだな。」でした。
挫石って言うんですね。人で言えば、爪が変色するくらい強く何かにぶつけたようなモンかな。
結構なビッコで、こんなの初めてです。

若い時に乗っていた馬 (全部オスのサラ) は、歴代全て鉄を付けていませんでした。 装蹄なんて出来ないし。
新しく馬が来ると、毎回どえらく苦労して鉄を四つ外す事から始めていました。削蹄は自分でやっていました。
でもこんな事一度も無かったなぁ。石ゴロゴロの河原が乗り場所でしたが。

自分でも即分かるほどにビッコの馬に乗ったのが生まれて初めてだったので、結構ショックです。
コイツ、放牧では刺さったり蹴られたり腱痛めるほど走り回ったり・あげくの果てに石踏んだりと、1年の間にこんな事ばっかだなぁ。
もう一度何かあったら、馬場での[ぼっち放牧]にしてもらったほうが良いのかなぁ。

2017年7月 9日 (日)

長女空手県大会

上の娘が出るので引率しました。
8時集合の大会会場が遠く・しかも高速のICからも遠いときた、行き辛い場所でした。
当日朝にド早く起きて行くのが面倒だった為、父とJK娘の二人組で前泊からスタートしました。
老舗のウナギ屋で上重食ったりして楽しく過ごしました。

S2017_0709_091257

試合は判定0-5でした。
客観的にそんなに差は無く、2-3くらいかなと思ったのですが…。

高校生からは一般扱いですので、[子供の時の形をそのままやっても評価されないんだ] って理解できたなら本日得たものがあります。
もう一般の部ですから、子供のときの綺麗な形・上手な形じゃぁ通用しない。

目の前に仮想敵を作り出して、その見えない攻撃を受け、見えない敵をぶちのめす。
それが無ければ形はただの踊りだって事をさ。

2017年7月 8日 (土)

乗馬513鞍

昨日の続き。

だいたい早足停止がままならないのに、最近の[先生]は私に抱かせる石を次々増やしておられます。
本日は駈足停止を特訓しました。

言われるがままに修正を重ね、レッスン最初よりは改善されましたが身に付いた感がゼロです。
いよいよ頭のメーターが振り切れちゃってる感じ。

もう少しスローで良いなぁ。
三歩進んで二歩下がる的に、復習の時間が欲しいです。
このままでは、またいつかボロが出るに決まっています。

2017年7月 6日 (木)

乗馬512鞍

前回の続き。

早足発進・早足停止で叱られないよう乗るだけでいっぱいいっぱいなのに、「絶対に馬を伸ばすなよ。」 との指示であらゆる移行をぶち込んで来ました。
対応するために完全に集中していたせいで、騎乗中に色々アドバイスを頂戴していましたが覚えていません。

結果は結構まぁまぁだったかなぁ。
凄く良くはもちろん無いけれど、悪くは絶対にありませんでした。
非常に短いピッチで停止を含んだ移行の指示が出たため、考えるより先に体が動いていた感じです。
考え無しにあれだけ体が反応できれば、今の時点では結構上出来じゃね? と思えます。

ただ最後の最後に前が強くなり、ペースをコントロールしようとしたら頭を上げ始めました。
「馬にハミを引っ張らせろ。」の一言で、過去の物凄い沢山の事を思い出し、何か勝手に対応していました。
頻繁に指示が飛んでくる中で・それに対応しようと集中して乗っていると、[馬に求める] ばっかになりがちだと反省しました。

でも、ここで修正できた事が[先生]的には良かったようで、「あそこから馬を丸め直せたのは大きかった。」 と、よーしよーしって感じでした。
「目先の事だけが頭にあると馬に求めるばかりになってしまうが、そこでも緩急が大事なんだな。」
「コンタクトを緩めてしまえば馬は伸びてしまうが、馬の口角・皮一枚だけ楽にしてやるだけでも馬の気持ちは大きく違う。」

2017年7月 5日 (水)

乗馬511鞍

前回の続き。
本日も前回同様に早足発進・早足停止を繰り返して馬を丸めていきました。
もっとも、私には馬を丸めようなどという余裕は無く、ただひたすらに馬を伸ばさぬよう・叱られぬように乗っていただけです。

最初は前回の感覚が出てこなくて伸ばしてしまいましたが、中盤以降からは割とそれなりにはなりました。
結果そこそこ馬がまとまってくれたので、駈足も発進と移行後からの再発進ともに結構良かったと思います。
まだ扶助の精度がイマイチですが、ポイントはやっぱり脚だと思います。

頭を下げる扶助と、半減脚で馬を丸める扶助の両立も難しく感じます。
ただ、そう言ったら 「停止の状態からスタートして、途中どんな歩様を入れようとも一歩も伸ばさなければ済む話しじゃねぇか。」 との御言葉で、座標値の違いを感じます。

2017年7月 2日 (日)

乗馬510鞍

昨日の続き。
馬体を押す・支える脚は、先生の言っている事を総合すると[ふくらはぎを意識するんじゃ無く、鞍を内腿で挟む] 感じかなぁと思った為、ちょっと試してみました。 先生はそういう言い方をしていませんが。
横方向・回転ともにジョーの反応は悪くありませんでした。

コレで合っているのかなぁ。
「答えは一つじゃ無い。馬が扶助を受け入れて・かつ自分が望む反応をするならば、それはすべて正解だ。」
との事ですので、しばらくこの線で攻めます。移行と駈足発進もまぁまぁでした。

後半は早足発進・早足停止のシビアな奴をやりました。
ご教授下さる内容は過去に100回は聞いたもので、つまり過去に最低100回はロクな結果が出せなかったのですが、今日は回を重ねるごとに良くなっていきました。
何が違うのかと言えば、やっぱり脚だと思います。

前述の要領で押し込むような脚を使い続けながら、且つガッって座る事の両立が意味分かりませんが、でもこれは[多分やってりゃ出来るな] とも感じました。

とりあえず精度を高めるために精進を重ねます。
昨日と違うって感じられるのは本当に有り難い。

2017年7月 1日 (土)

乗馬509鞍

昨日の続き。

[先生] が先に乗ってくれましたが、見ていてジョーは明らかにダルそうでした。 昨日は発進でオッケーが出なくて結構走ったしなぁ。
案の定、「今日はお疲れモードだな。早足までにしといてやろうぜ。」  でした。

[先生] がジョーで反対出したのを本日初めて見ました。[走れって言われてもダルいので扶助を聞く気が無く、自分が楽な方で走りたい。]
つまりはそういう事なんでしょう。

今日は狭い部班馬場で3人フリーライドの日だったので、どのみちそのつもりでした。
脚(ふくらはぎ)の検討を早足でやれればオッケーです。

結果で言えば、自己評価では昨日より良いかなって感じました。
もちろん、「結構良いがまだまだだな。輪乗りの時にまだ付いたり離れたりしてた。」 との事ですが、昨日より1ミリでも前に進めているって自覚できるのは有り難い事です。
この数ヶ月にわたり、そうじゃ無い・不毛な時間にどっぷり浸かっていますので。

騎乗後に獣医さんの検診でした。
まったく問題ありませんでした。

検診を兼ねて、乗っているトコを見られていたようですが、
「首が凝っているわ。アンタ結構乗れる感じだけど、これは馬とケンカしている証拠よ。(ニヤニヤ ) 」 とバレバレでした。

体脂肪 2017_0701

7/1 体重 61.4㌔ BMI 21.7 体脂肪 19.7% 内臓脂肪レベル 9

6月平均値は 体重 61.9㌔ BMI 21.9 体脂肪 20.08%。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »